「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で遺族が起こした民事訴訟の第2回口頭弁論が3月19日に東京地裁で開かれた。被告の大阪市は生徒の自殺の原因について「キャプテンとしての重圧で不安になり、逃れようとしたこと」として、「体罰」との因果関係を ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、生徒の遺族が大阪市に約1億6500万円の損害賠償を求めて訴えた民事訴訟の第1回口頭弁論が、1月22日に東京地裁で開かれた。

 遺族の父親は「なぜ息子が死ななければならなかったのか、民事 ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市が弁護士に委嘱した市外部監察チームが市立学校で発生した教師の暴力行為(いわゆる「体罰」)に関する事案をまとめた際、一部の学校が事案を隠蔽した疑いがあることが浮上した。

 少なくとも5校について「軽微だったと判断した ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪府教育委員会は12月20日、顧問を務めていたハンドボール部で部員20人に対し、平手打ちや丸刈り強制などを繰り返していたとして、府立高校の男性教諭(51)を停職6ヶ月の懲戒処分にした。

 この教諭は日常的に部員に暴力を ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、遺族は12月12日付で、大阪市を相手取り約1億6500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提訴した。

 遺族は大阪市の教育行政の責任も問いたいとしている。
 橋下徹市長は提訴 ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、自殺した生徒に暴力を加えたとして暴行と傷害の罪に問われた元同校バスケットボール部顧問教諭・小村基被告(懲戒免職)に対し、大阪地裁は9月26日、懲役1年・執行猶予3年(求刑懲役1年)の有罪判決を出し ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、自殺した生徒に暴力を加えたとして傷害と暴行で起訴された元同校バスケットボール顧問教諭・小村基被告(47)=懲戒免職=に対する初公判が、9月5日に大阪地裁で開かれた。被告は容疑を全面的に認めた。

「体罰」・対生徒暴力

 産経新聞(web版)2013年7月28日配信記事『元桜宮高顧問の起訴決定付けたビデオ 壮絶な平手打ちに検察絶句…』では、2012年末に発生し翌13年1月の年明けに事実関係が公表された大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件について論じている ...

学校教育

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺問題に関連して、保護者らの有志団体「桜宮高校から体罰をなくし、改革をすすめる会」が2月19日、在校生向けの文書を作り、同日に同高校門前で配布したことを発表した。

 保護者約40人が意見を出しあ ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、生徒に暴力を加えたバスケットボール部顧問・小村基教諭(2月13日付で懲戒免職)の処分決定に先立ち、一部のバレーボール部OBや保護者が同教諭への寛大な処分を求める嘆願書を大阪市教委に提出していたと報 ...