「体罰」・対生徒暴力

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校1年の柔道部員だった男子生徒が2009年7月、部活動の練習中に顧問の講師(当時)から投げられるなどして意識不明になりその後死亡した事故で、大津地検は7月4日、大津検察審査会が「業務上過失致死罪での起訴が相当」 ...

「体罰」・対生徒暴力

 中日新聞(滋賀版・web)2014年7月1日付に、『遺族が署名活動 愛荘・柔道死亡事故』の記事が掲載されている。

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年、柔道部員だった当時1年の男子生徒が練習中、当時の顧問講師から過酷な ...

「体罰」・対生徒暴力

 東京都武蔵野市の私立藤村女子中学校の柔道部員だった当時、「体罰」や不適切指導でケガをしたなどとして元生徒が学校側を訴えていた訴訟が、東京地裁立川支部で和解していたことがわかった。

 和解は2014年5月8日付。学校側は不 ...

社会教育

長野県松本市の柔道教室で2008年、当時小学校6年だった男子児童(現在17歳)が練習中に指導者から投げ技をかけられた際に大ケガを負い、意識障害などの後遺症を発症した事故で、長野地裁は4月30日、当時の指導者の男性(41)に対し、禁錮1 ...

「体罰」・対生徒暴力

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校の柔道部で2009年7月、当時1年だった男子生徒が練習中に意識不明になり、約3週間後に急性硬膜下血腫で死亡した事故で、暴力や不適切指導が指摘されて傷害致死容疑で書類送検されたものの不起訴処分となっていた当時の ...

「体罰」・対生徒暴力

 神奈川県相模原市立相原中学校(相模原市緑区)で、柔道部の外部指導者が長年にわたって部員の生徒に暴力を繰り返していたことが、2013年秋に発覚した。この問題について神奈川新聞が追跡記事を出している。

 記事は2014年1月 ...

「体罰」・対生徒暴力

 神奈川県相模原市立相原中学校の柔道部で、部活動を指導する外部指導者から練習中に平手打ちなどの暴力を受けたと、部員らが訴えていることが10月20日までにわかった。

 この学校は柔道強豪校として知られているという。その一方で ...

学校教育

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年、当時1年だった柔道部員の男子生徒が練習中に顧問から投げ技をかけられたあとに意識不明になり約1ヶ月後に死亡した事故で、大津地検は7月4日までに、傷害致死容疑で送検された顧問の元講師と、業務上過失致 ...

学校教育

 私立横浜商科大学高校(横浜市)の柔道部員だった男性が2008年、同級生との練習中に投げ技をかけられたあと倒れて、脳に重い後遺症が残った事故の民事訴訟について、東京高裁は7月3日、学校側の責任を認めなかった一審横浜地裁判決を破棄し、「 ...

学校教育

 滋賀県愛荘町立秦荘中学校で2009年、柔道部員だった男子生徒が顧問講師(依願退職)から乱取りを受けた直後に倒れて1ヶ月後に死亡した事故の訴訟で、大津地裁は5月14日、顧問の過失を認めて愛荘町に約3700万円の損害賠償を命じる判決を出 ...