教育学・教育調査

 ベネッセコーポレーションの調査によると、小学校での英語教育必修化について、保護者には賛成意見が多い一方で、教員には反対意見が多い傾向があることがわかりました。〔『読売新聞』2006/5/10〕

 教員らの反対意見としては ...

学校教育

 9月26日に発足した安倍内閣で新しく文部科学大臣に就任した伊吹文明氏は、記者会見で小学校での英語必修化について問われ、「私は必修化する必要は全くないと思う。美しい日本語ができないのに、外国の言葉をやったってダメ」と否定的な見解を示し ...

学校教育

 文部科学省が2006年4~5月に実施した、小学校英語必修化についてのパブリックコメント(意見公募)の結果がまとまったということです。必修に積極的な意見が55%・消極的な意見が40%と、世論が大きく分かれていることが浮き彫りになりまし ...

学校教育

 山形県教育委員会はこのほど、県内の小中学生の保護者に対して、英語教育に関する意識調査をおこないました。〔『山形新聞』2006/8/7〕

 調査によると約4割の保護者が、小学校での英語必修化に不安を感じているということです ...

学校教育

 群馬県伊勢崎市では4月から、市内の小学校での英語学習をスタートさせました。伊勢崎市での英語学習を担当するのは、専門の指導者や外国語指導助手ではなく、担任教諭が担当することにしているということです。〔『毎日新聞』2006/5/3〕

学校教育

 『毎日新聞』2006年4月15日付に『<中教審方針>英語必修化に教師が尻込み 混乱や動揺も?』という記事が掲載されています。
 小学校での英語必修化の方針を中教審部会が出したことを受けて、毎日新聞が小学校教諭や教育委員会など ...

学校教育

 『東京新聞』のウェブサイト(2006年4月4日付)に、「『英語』小学生から必修 教える側の反応は」という記事が掲載されています。
 記事では、小学校での英語必修化方針を打ち出した中教審部会提言に対する反応と、識者の意見を取材 ...

学校教育

 中教審の外国語専門部会は、小学校での英語を5年生から必修化する方針をまとめたということです。週1時間程度の学習時間で、担任教諭とAET(英語指導助手)が指導に当たることを想定しているということです。

 しかし、英語必修化 ...

学校教育

 文部科学省は、全国の公立小学校での「英語活動」の実施状況をまとめたということです。〔『asahi.com』2006/3/20〕

 調査結果によると、全国の公立小学校の93.6%で何らかの英語活動をおこなっているということ ...