学校教育

 兵庫県芦屋市立中学校で1月17日、校内で実施された阪神・淡路大震災の追悼集会で、3年生の男子生徒が居眠りを注意されたことに逆上して教諭の胸ぐらをつかんだとして、110番通報で駆けつけた警察が生徒を逮捕する事件が発生したことが新聞報道 ...

学校教育

 兵庫県教育委員会は2011年度以降、防災教育副読本を順次作成することにしました。

 兵庫県では1997年~98年、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)の教訓を中心にした防災教育副読本「明日に生きる 阪神・淡路大震災か ...

学校教育

 学校給食を通して震災学習・防災教育につなげる取り組みが、各地の小学校でおこなわれています。

 兵庫県芦屋市立小学校で1月15日、コッペパンやウィンナーなどの簡易給食が提供されました。これは震災直後に出された給食メニューを ...

学校教育

 兵庫県教育委員会は1月8日、阪神・淡路大震災で被災した兵庫県内の公立中学校3年生のうち、震災の後遺症とみられる症状を発症して心のケアが必要と判断された生徒が74人いると発表しました。

 県内の公立中学校355校の3年生の ...

学校教育

 神戸新聞社の調査によると、阪神・淡路大震災(1995年1月17日)で心の傷を受け、ケアが必要な中学校3年生が、神戸市内の学校4校に少なくとも37人いることがわかりました。

 現在(2009年度)の中学校3年生は1994年 ...

教育学・教育調査

 兵庫県教育委員会が実施した調査によると、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で心の傷を受けてケアが必要な中学生が、県内に341人いることが、11月16日までにわかりました。

 震災翌年の1996年から県内の小中 ...

教育学・教育調査

 兵庫県教育委員会が11月10日までにまとめた調査によると、阪神・淡路大震災が引き金となったPTSDの疑いがあり、教育的配慮が必要と判断された兵庫県内の小中学生が、2006年時点で492人いることが分かりました。

PTSD ...

学校教育

 発生から11年を迎えた阪神淡路大震災に関して、震災体験を子どもたちに語り継ぐ取り組みがすすめられているということです。メモリアル・デーの1月17日にも、各地の学校で震災学習がおこなわれたということです。

◎震災体験を次世 ...