教育行政

 文部科学省は5月31日、東日本大震災で死亡した児童・生徒に対し、日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度による特別弔慰金として、1人あたり500万円を支給することを決めました。

 自然災害による死亡の場合は、本来は災害 ...

教育行政

 東日本大震災の際に学校などで被災して死傷した児童・生徒について、日本スポーツ振興センターの「災害共済給付制度」の適用の可否を文部科学省が検討していることがわかりました。

 災害共済給付制度では、学校管理下で災害にあったと ...

学校教育

 愛知教育大学の内田良講師(教育社会学)の調査によると、1983年度から2008年度までに26年間で少なくとも118人が、学校での転落事故で死亡していたことがわかりました。

 調査は、学校災害の際に共済金を支給する、独立行 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市若松区の市立青葉小学校5年生だった男子児童が担任教諭からの「体罰」を受けた直後に自殺したとして、遺族が北九州市を訴えていた訴訟で、5月21日に福岡高裁で和解が成立しました。

 北九州市が一連の事件対応について「総 ...

教育学・教育調査

pen

 『毎日新聞』(鹿児島版)2010年5月2日付に『取材ノート10:霧島の天窓転落事故 過去の教訓生かされず /鹿児島』という記事が掲載されています。

 2010年4月に鹿児島県霧島市立陵南小学校で発生した天窓転落事故を受け ...

学校教育

 学校事故での災害共済給付業務をおこなう独立行政法人・日本スポーツ振興センターのまとめによると、災害共済給付対象となる学校災害の発生率に地域差があることがわかりました。

 『産経新聞』2010年5月1日付『学校ミステリー! ...

「体罰」・対生徒暴力

 福岡市立内浜中学校1年生だった男子生徒の自殺事件(2009年1月発生)で、独立行政法人・日本スポーツ振興センターが遺族に対して、死亡見舞金1400万円を支給する決定を1月12日付でおこなっていたことがわかりました。

 死 ...

いじめ問題

 名古屋市内の私立中学校1年生だった当時にいじめを受け、後遺症で解離性障害やPTSDなどを発症して自殺した女子高校生について、災害共済給付制度に基づく死亡見舞金について遺族や在籍していた高校が問い合わせたところ、門前払いのような対応を ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市立青葉小学校(若松区)5年生だった男子児童が、担任の女性教諭からの執拗な暴力を苦にして2006年3月に自殺した問題がありました。

 この事件について、「学校災害として申請をしたのに死亡見舞金が支払われなかった」と ...

いじめ問題

 学校災害で児童・生徒が死亡した場合に支払われるによる見舞金(独立行政法人・日本スポーツ振興センターの災害共済給付制度)について、文部科学省は7月6日付で、従来学校で自殺した場合にだけ支払われていたいじめ自殺の見舞金支給を、いじめ自殺 ...