「体罰」・対生徒暴力

 宮崎県立宮崎商業高校で柔道部顧問だった菊川慶一元教諭が、「体罰」などで懲戒免職処分を受けたのは不当だとして、宮崎県に対して免職処分取り消しを求める訴訟の第1回口頭弁論が、10月24日に宮崎地裁で開かれた。

 元教諭は20 ...

いじめ問題

 宮崎県新富町立中学校に通っていた男子生徒が「友人の生徒らに避けられている」と両親に訴えた後に不登校になり、約1年後の2011年11月に自殺した問題で、学校側が十分調査せずに精神的苦痛を受けたとして両親が新富町を相手取った民事訴訟で、 ...

「体罰」・対生徒暴力

 宮崎県立宮崎商業高校柔道部での「体罰」・暴行傷害事件で、宮崎区検は7月25日付で、部員の生徒に「指導」を装って暴力を加えケガをさせたとして傷害容疑で書類送検されていた菊川慶一元教諭(55)=2013年3月懲戒免職処分、不服審査を申し ...

「体罰」・対生徒暴力

 宮崎県立宮崎商業高校の柔道部で生徒に「指導」と称して暴力を繰り返したなどとして2013年3月に懲戒免職処分を受けた元教諭・菊川慶一(54)が、処分の取り消しを求めて宮崎県人事委員会に不服申し立てをおこなっていたことがわかった。申し立 ...

「体罰」・対生徒暴力

 宮崎県教育委員会は3月29日、顧問を務めていた女子柔道部で常習的に暴力や暴言を繰り返したとして、県立宮崎商業高校の菊川慶一教諭(54)を懲戒免職処分にした。

 同校では少なくとも2010年以降の暴力・「体罰」が確認された ...

「体罰」・対生徒暴力

 宮崎県立宮崎商業高校女子柔道部で顧問をつとめる男性教諭(50代)が、部員へ日常的に「体罰」・暴行を繰り返しているとして、保護者がこの教諭の免職を求める嘆願書を宮崎県教育委員会に出していたことが報じられた。

 読売新聞(w ...

いじめ問題

 宮崎県西都市で私立高校2年の男子生徒が同じ学校に通う少年ら3人から溺れさせられ一時意識不明になった集団暴行事件で、被害生徒が読売新聞の取材に応じて心情を記した手記を発表した。

 事件は2012年7月8日に発生した。加害生 ...

教育行政

 宮崎県教育委員会は5月12日、懲戒免職処分を受けた教員についての氏名公表規定を改正しました。

 従来も「社会的に重大な刑事事件について懲戒免職を行った場合は、氏名及び所属名を原則として公表する」という規定を設けていました ...

学校教育

 大阪市立小学校に勤務していた当時、女子児童の体を触ったわいせつ疑惑が持ち上がり自主退職した男(23)が、退職直後に大阪府岸和田市立小学校の臨時講師に採用されていたことがわかりました。

 報道によると2010年9月下旬、被 ...

「体罰」・対生徒暴力

 生徒へ集団暴行を加えながら一度不起訴(起訴猶予)処分になった宮崎県日向市立中学校教諭3人について、延岡検察審査会の不起訴不当の議決を受けて再捜査していた延岡地検は11月8日、再び不起訴処分とする決定を出しました。

 事件 ...