学校教育

 「朝日新聞」(web版)に『学校に外国の子数人 専門外の先生、日本語指導手探り』(2010年12月21日配信)という記事が掲載されています。

 記事によると、日本語ができない外国出身の児童・生徒が1~4人在籍する外国人散 ...

学校教育

 小学校での外国語活動が2011年度から必修化されるのを前に、先行実施している小学校の様子を『しんぶん赤旗』が取材しています。

 同紙2010年11月24日付『来年度から週1時間必修化 小学校・外国語授業は今 教員にも不安 ...

教育学・教育調査

 三重県教育委員会は6月7日、県内の外国人児童生徒の不就学調査の結果を発表しました。

 外国人が多く住む県内7市(桑名市・四日市市・鈴鹿市・亀山市・津市・松阪市・伊賀市)で、外国人登録をし学齢期の児童・生徒のいる家庭を対象 ...

学校教育

 文部科学省は公立小中学校への定住外国人児童・生徒の編入について、語学力などを考慮して実年齢より下の学年への編入を認めたり、義務教育年齢を超えた子どもの留年を認めるなど柔軟な措置をとるよう、2009年に各都道府県教育委員会に要請してい ...

学校教育

 日本語がほとんど話せないタイ国籍の女子生徒が2009年春に来日し大阪市立中学校への編入を希望したが、一部教員が受け入れを拒否するような発言をして編入が遅れ、また編入後しばらくは所属クラスも決まらなかったという問題がありました。この問 ...

学校教育

 日本に居住している外国人の子どもの就学状況を、文部省が調査した結果がまとまりました。この種の調査は初めておこなわれたということです。
 調査によると、義務教育年齢の外国人児童・生徒のうち約1%が不就学になり、約17%が転居等 ...

教育学・教育調査

 宇都宮大学の調査によると、栃木県内の小中学校に通う外国籍の児童・生徒の約6割が、日本語が分からないために授業内容が理解できないことがあるという調査結果が明らかになりました。日常会話ができても、授業や試験問題を理解するために必要な「学 ...