「体罰」・対生徒暴力

 北九州市教育委員会は12月16日、児童生徒への暴力(いわゆる「体罰」)などで教職員3人を減給処分にした。

 小倉北区の中学校の男性講師(25)は2013年9月は体育の授業中、「危険なサーブを繰り返した」として2年男子生徒 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市教育委員会は11月22日、生徒への「体罰」で市立特別支援学校の男性教諭(51)が停職3ヶ月の処分を受けた事案について、報道発表時の「体罰」の内容に誤りがあったとして修正発表をおこなった。

 事件は2013年7月に ...

「体罰」・対生徒暴力

卓球

 北九州市立緑丘中学校で2003年、卓球部顧問教諭・林壮一郎が生徒に悪質な暴行を繰り返し加えたとして一度懲戒免職になり、その後処分が不当に撤回されて復職した問題がありました。北九州市教委の人事異動発表(西日本新聞2011年4月1日付) ...

「体罰」・対生徒暴力

 福岡県北九州市小倉南区の福岡県立北九州高校で6月11日、2年生担任の男性教諭(48)が担任クラスの生徒を殴り、歯を欠けさせるけがを負わせていたことがわかりました。

 生徒は暴行のショックで不登校になったといいます。

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市若松区の市立青葉小学校5年生だった男子児童が担任教諭からの「体罰」を受けた直後に自殺したとして、遺族が北九州市を訴えていた訴訟で、5月21日に福岡高裁で和解が成立しました。

 北九州市が一連の事件対応について「総 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市若松区の北九州市立青葉小学校で4年前の2006年3月16日、当時5年生だった男子児童が担任教諭から暴行を受けた直後に自殺した事件がありました。

 この事件では自殺した児童の遺族が北九州市などを相手取り民事提訴し、 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市立青葉小学校の「体罰」自殺事件について、北九州市は10月15日、児童の自殺と「体罰」との因果関係を認めた一審福岡地裁小倉支部判決(2009年10月1日)を不服として、福岡高裁に控訴しました。

 北九州市は控訴理由 ...

「体罰」・対生徒暴力

 福岡県北九州市若松区の北九州市立青葉小学校5年生だった男子児童が担任教諭から「体罰」を受けた直後に自殺した問題について両親が北九州市などを訴えていた訴訟で、福岡地裁小倉支部は10月1日、担任の行為を「体罰」と認定し、また自殺と「体罰 ...

教育行政

 北九州市立小中学校教諭が入学式・卒業式の「君が代」斉唱拒否で懲戒処分を受けたのは違法として、教諭ら17人や所属組合が処分取り消しなどを求めた訴訟で、福岡高裁は12月15日、一審判決の原告側勝訴部分を取り消し、原告側請求を全面棄却する ...

「体罰」・対生徒暴力

 福岡県北九州市立青葉小学校(若松区)で2006年3月、担任教諭から暴行を受けた直後に5年生の男子児童(当時)が自殺した問題で、遺族が北九州市などを相手取っておこなっている民事訴訟の口頭弁論が、10月9日に福岡地裁小倉支部で開かれまし ...