いじめ問題

 滋賀県大津市立皇子山中学校いじめ自殺事件の訴訟の口頭弁論が2月5日に大津地裁で開かれ、大津市は「いじめと自殺の因果関係、市の過失いずれも存在すると認める」として和解を提案した。

 大津市は、1月31日に第三者委員会が出し ...

いじめ問題

 滋賀県大津市立皇子山中学校いじめ自殺事件で、大津市の第三者委員会が1月31日、自殺の直接の原因はいじめだったとする報告書を越直美大津市長に提出した。

 報告書では、加害者とされ警察に書類送検された3人のうち、2人の行為計 ...

いじめ問題

 滋賀県大津市立皇子山中学校いじめ自殺事件(2011年10月)で、生徒が自殺数日前に同級生に「死にたい」などと相談していたことを学校側の自殺直後の調査で把握していたことや、自殺直後の校内会議でいじめと自殺との因果関係を認める記録が残っ ...

いじめ問題

 岐阜県瑞浪市立中学校2年の女子生徒が2006年10月、所属していたバスケットボール部の同級生4人を名指しし、いじめを受けたことをうかがわせるような遺書を残して自殺した事件について、生徒の両親が4人とその保護者を相手取り約5700万円 ...

いじめ問題

 東京都世田谷区の私立中学校に通っていた1年の女子生徒が12月8日、神奈川県内の小田急線の駅ホームで通過電車に接触して死亡した事件に絡み、この生徒へのいじめが指摘され、いじめを苦にして電車に飛び込んだ自殺事件の可能性が浮上した。

いじめ問題

 滋賀県大津市立皇子山中学校のいじめ自殺事件に関連して、事件発覚後に脅迫電話や爆破予告などが相次いだことでの警備費用が約787万円にのぼっていたことがわかった。

 2012年7月上旬に事件が大きく報道され、それ以降学校に対 ...

いじめ問題

 滋賀県大津市立皇子山中学校いじめ自殺事件の民事訴訟で、原告側(遺族側)が、「複数の教員がいじめ行為を認識していたか、認識し得たのに放置した」と主張する方針であることが、11月15日までにわかった。11月27日実施予定の第4回口頭弁論 ...

いじめ問題

 大津市で主要会派の議員提案で制定が検討されている「子どものいじめの防止に関する条例」の素案について、児童生徒がいじめを発見した際に報告義務を課していることについて、市民から反対意見が多く寄せられていることがわかった。

  ...

いじめ問題

 滋賀県大津市立皇子山中学校いじめ自殺事件で、遺族が全校アンケート結果の提供を受ける際に内容を口外しないとの確約書をとられ、関連資料の情報開示請求でも大半が非開示とされて精神的苦痛を受けたとした民事訴訟の第1回口頭弁論が11月7日に大 ...

いじめ問題

 東京都品川区立中学校1年の男子生徒が2012年9月に自殺し、背景にいじめが指摘されている問題で、品川区教委は11月5日、「一連のいじめは自殺の誘因となったと判断せざるを得ない」などとする報告書を明らかにした。

 報告書に ...