「体罰」・対生徒暴力

最高裁

 熊本県本渡市(現・天草市)の市立小学校で2002年11月、「臨時教員が当時小学2年生の男子児童の胸ぐらをつかむなどしてPTSDを発症させた」として被害児童側が提訴していた訴訟で、最高裁は4月28日、「体罰」を認定した二審福岡高裁判決 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市立青葉小学校で2006年、担任の女性教諭(依願退職)からの日常的で執拗な暴行を苦にして、当時5年生の男子児童が自殺する事件がありました。

 この事件について、学校事故などに災害共催給付金を支給する独立行政法人「日 ...

「体罰」・対生徒暴力

 福島県郡山市立中学校で2001年に発生した教師の対生徒暴力事件(「体罰」事件)で被害生徒に支払った賠償金の負担をめぐって福島県と郡山市が争っていた訴訟で、郡山市は3月31日、二審仙台高裁判決を不服として上告しました。

  ...

「体罰」・対生徒暴力

 福島県郡山市立行健中学校で2001年に発生した、教師の対生徒暴力事件(いわゆる「体罰」事件)の損害賠償金の負担をめぐり、福島県と郡山市が争っていた訴訟で、仙台高裁は3月19日、一審判決を破棄して郡山市が全額負担するよう命じる判決を出 ...

「体罰」・対生徒暴力

 兵庫県神戸市立御影中学校(同市東灘区)の柔道部員だった男子生徒(当時1年生)が2005年8月、部活動の熱中症で死亡した事件で、遺族が3月12日、学校に過失があったとして神戸市を提訴しました。

 事件は2005年8月、部活 ...

「体罰」・対生徒暴力

 教師の「体罰」事件の賠償金の負担をめぐって福島県と郡山市が係争している問題で、郡山市は1月15日、一審判決を不服として福島県がおこなった控訴を受けて付帯控訴をおこないました。

 「体罰」事件は2001年に発生し、被害生徒 ...

「体罰」・対生徒暴力

最高裁

 公立学校での「体罰」発生報告書など関連資料の開示を求めた際、兵庫県教委が「教職員のプライバシー」などを理由として加害教師の氏名や所属学校名など大半を非開示にした決定をめぐり、開示請求者の馬場健一・神戸大学教授が非開示処分の取り消しを ...

「体罰」・対生徒暴力

 福島県郡山市立中学校で2001年に発生した「体罰」事件で被害生徒に賠償金を支払った福島県が、「教師の管理責任・賠償責任は郡山市にある」として郡山市に対して賠償金の求償を求めた訴訟について、福島県は一審福島地裁判決を不服として10月2 ...

「体罰」・対生徒暴力

 福島県郡山市立行健中学校で2001年、国語担当の教諭(当時31)が生徒に暴行を加えた上、暴行の事実を他言すれば高校受験をできなくしてやるなどと脅しつけるなどした事件がありました。

 この事件は民事訴訟の結果、福島県が賠償 ...

「体罰」・対生徒暴力

 熊本県本渡市(現・天草市)の市立小学校で2002年、当時2年生だった男児が男性臨時講師からいきなり殴られた上に突き飛ばされるなどしてPTSDを発症した事件がありました。この事件について、6月15日の熊本地裁では講師の行為を「教育的指 ...