「体罰」・対生徒暴力

 大阪府堺市立津久野中学校で2005年、生徒に暴行を加えてけがをさせた男性教諭(停職処分を受けた直後に依願退職)について、堺市から当該者に対して生徒への賠償金相当額約131万円の求償を求めた訴訟で、大阪地裁堺支部は8月9日、堺市の請求 ...

「体罰」・対生徒暴力

 香川県高松市立中学校在学中に教諭から暴行を受けたとして元生徒が高松市を相手取り訴えていた訴訟で、高松市は7月25日、暴行の一部を認め33万円の賠償を認めた二審高松高裁判決を受け入れて上告しないことを決めました。

 一審は ...

「体罰」・対生徒暴力

 香川県高松市立屋島中学校の教諭が2006年、担当の保健体育の授業中に生徒を投げ飛ばすなどした「体罰」事件。

 この事件では一審高松地裁で1月17日、生徒の主張の一部を認める判決が出ました。しかし高松市が不服として1月25 ...

「体罰」・対生徒暴力

 香川県高松市立屋島中学校の「体罰」訴訟で、高松市は1月25日、暴行の一部を認定し違法な「体罰」と判断した一審高松地裁判決(2011年1月17日)を不服として高松高裁に控訴しました。

 大西秀人・高松市長が同日の記者会見で ...

「体罰」・対生徒暴力

 香川県高松市立屋島中学校1年生だった2006年、当時の学級担任で保健体育科担当の教諭から授業中などに暴行を受け急性ストレス障害を発症したとして、元生徒(現在17歳)が高松市に550万円の損害賠償を求めた訴訟で、高松地裁は1月17日、 ...

「体罰」・対生徒暴力

 群馬県立高崎商業高校のバレーボール部で顧問教諭から日常的な暴行を受けた上、顧問に触発された別の部員にいじめられるようになり、不登校になって転校を余儀なくされたとして、同校の元女子生徒が群馬県などを訴えている訴訟の口頭弁論が、11月1 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市若松区の市立青葉小学校5年生だった男子児童が担任教諭からの「体罰」を受けた直後に自殺したとして、遺族が北九州市を訴えていた訴訟で、5月21日に福岡高裁で和解が成立しました。

 北九州市が一連の事件対応について「総 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北九州市若松区の北九州市立青葉小学校で4年前の2006年3月16日、当時5年生だった男子児童が担任教諭から暴行を受けた直後に自殺した事件がありました。

 この事件では自殺した児童の遺族が北九州市などを相手取り民事提訴し、 ...

「体罰」・対生徒暴力

 「群馬県高崎市の群馬県立高崎商業高校の女子バレーボール部に所属していた当時、顧問の男性教諭から日常的に暴行を受けるなどして転校を余儀なくされた」などとして、元生徒が顧問・校長と群馬県教育委員会を相手取り、約660万円の損害賠償を求め ...

「体罰」・対生徒暴力

最高裁

 福島県郡山市立行健中学校で2001年に発生した「体罰」事件をめぐり、賠償金の支払いをめぐって福島県と郡山市が対立していた訴訟で、最高裁第2小法廷は10月23日、二審判決を支持して全額郡山市が支払うよう命じる判決を出しました。 ...