「体罰」・対生徒暴力

 大阪市教育委員会は12月9日、児童・生徒への「体罰」について、処分を厳格化する方針を決めた。

 新しい基準では、生徒に非がある場合・ない場合に分け、非がある場合は校長注意から減給1ヶ月までの5段階、「部活動中のプレーミス ...

「体罰」・対生徒暴力

 東京都武蔵野市の私立藤村女子中学校の柔道部員だった当時、「体罰」や不適切指導でケガをしたなどとして元生徒が学校側を訴えていた訴訟が、東京地裁立川支部で和解していたことがわかった。

 和解は2014年5月8日付。学校側は不 ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で遺族が起こした民事訴訟の第2回口頭弁論が3月19日に東京地裁で開かれた。被告の大阪市は生徒の自殺の原因について「キャプテンとしての重圧で不安になり、逃れようとしたこと」として、「体罰」との因果関係を ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、生徒の遺族が大阪市に約1億6500万円の損害賠償を求めて訴えた民事訴訟の第1回口頭弁論が、1月22日に東京地裁で開かれた。

 遺族の父親は「なぜ息子が死ななければならなかったのか、民事 ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、遺族は12月12日付で、大阪市を相手取り約1億6500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に提訴した。

 遺族は大阪市の教育行政の責任も問いたいとしている。
 橋下徹市長は提訴 ...

「体罰」・対生徒暴力

 福岡市東区の市立小学校5年だった2009年10月、当時担任だった男性教諭(当時27歳、現在31歳)に平手打ちなどを受けて鼓膜損傷のケガを負い、耳鳴りや不安神経症などの後遺障害が残ったとして、被害にあった男子児童(現在中学校3年)と保 ...

「体罰」・対生徒暴力

 千葉県茂原市の千葉県立茂原樟陽高校2年の男子生徒が、同校の教諭から暴行を受け適応障害を発症したとして、千葉県を相手取り約150万円の損害賠償を求める訴訟を起こしていたことがわかった。

 生徒は1年だった2012年4月、当 ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪府堺市立小学校5年(当時)の男子児童が2012年に担任教諭から「体罰」を受けて骨折し、その後教諭への恐怖感から不登校に追い込まれたとして、被害児童と保護者が堺市を相手取って民事訴訟を準備していることが報じられている。

「体罰」・対生徒暴力

 大分県立竹田高校剣道部員だった男子生徒が2009年8月の練習中に倒れて熱射病で死亡した事件で、指導していた顧問・副顧問や搬送先の病院の対応が不適切だったとして、家族が学校管理者の大分県・搬送先の病院を運営する豊後大野市および指導教員 ...

「体罰」・対生徒暴力

 横浜市立奈良中学校で2004年、柔道部顧問だった教諭が柔道部員の生徒(現在22歳)に「指導」と称した投げ技を繰り返し加えて急性硬膜下血腫などの重傷を負わせ、高次脳機能障害などの後遺症を負わせたとして、被害者側が神奈川県・横浜市および ...