「体罰」・対生徒暴力事件関連年表

いわゆる「体罰」事件や、教師による対生徒暴力事件について、関連する出来事を年表形式でまとめています。

1879年-1979年

  • 1879年 教育令が公布され学校での「体罰」禁止が明記される。法令上はこの時以降現在に至るまで一貫して「体罰」は違法行為として禁止されている。
  • 1947年 学校教育法が成立。「体罰」禁止を明記。
  • 1949年 法務府「生徒に対する体罰禁止に関する教師の心得」が出される。
  • 1952年4月24日 東京都の東京学芸大学附属世田谷中学校で、授業中に「体罰」を受けた男子生徒が直後に校舎から飛び降り自殺。
  • 1955年12月 茨城県立取手第二高校の女子生徒が、同校の教師を実名で名指しし「体罰」を恨むとした遺書を残して自殺。
  • 1957年7月5日 東京都の芝中学校で、男性教諭が生徒を殴り死亡させる。
  • 1962年9月25日 福岡県立田川東高校3年の男子生徒が、担任教諭からの「体罰」を苦にして自殺。
  • 1962年11月6日 群馬県太田市立南中学校で「校内にお菓子を持ち込んで昼休みに食た罰」として、担任教諭が3年男子生徒8人に対し、校庭を走らせる罰を科す。直後に生徒1人が倒れて意識不明になり死亡。
  • 1965年9月 群馬県高崎市立長野小学校で4年担任教諭が男子児童の頭部をたたく。児童は「体罰」後体調が悪化し、くも膜下出血で入院。教師は「事件に責任を感じた」として1966年2月に自殺。
  • 1968年2月 1966年5月に「体罰」で児童2人に重傷を負わせた、群馬県榛東村立小学校教諭(事件後に辞職)に対し、東京高裁が実刑判決を下す。
  • 1970年7月10日 千葉県山田町立山倉中学校(1980年廃校。統廃合や自治体合併を経て現・香取市立山田中学校)で「宿題を忘れた罰」として、男性教諭が生徒約10人にグランドを10周走るよう命じる。生徒一人が直後に体調不良を訴え意識不明になり9日後に死亡。
  • 1972年9月7日 「群馬県高崎市立長野小学校で1965年、担任教諭から頭部を殴られる『体罰』を受けくも膜下出血を発症した。一度治癒したものの2年後に再発し後遺症が残った」として被害者が高崎市に損害賠償を求めた訴訟、前橋地裁高崎支部は教諭の行為を「体罰」と認定した上で、「体罰」と一度目のくも膜下出血との因果関係を認定、約108万円の損害賠償を高崎市に命じる判決。一方で2年後の再発については因果関係認めず。
  • 1973年10月4日 「必殺宙ぶらりん」事件。千葉県立安房農業高校の体育の授業で「必殺宙ぶらりん」なる罰を科された女子生徒が体育館2階から転落して重傷を負う。
  • 1976年5月12日 水戸五中事件。茨城県水戸市立水戸第五中学校で、女性教諭が男子生徒に「体罰」。被害生徒は8日後に死亡。
  • 1977年12月25日 福岡県立田川東高校「体罰」自殺事件(1962年)の民事訴訟で、最高裁は遺族の上告を棄却。「教師の行為は違法な懲戒行為だが、自殺との因果関係はない」とした判決が確定。

1980年-1989年

  • 1981年4月1日 水戸五中事件(1976年)で暴行罪に問われた教師、二審東京高裁で逆転無罪判決。
  • 1981年5月2日 千葉県立流山中央高校で、教師による激しい暴力・「体罰」や管理教育が横行していたことに怒った生徒ら約40人が、暴力や管理教育の中心となっていた生徒指導部の教諭3人をつるし上げる騒ぎ。その後同校では校内暴力・校長の自殺などの問題が立て続けに起こる。
  • 1982年 愛知県のPTA、学校教育法の「体罰」禁止規定を削除し「体罰」を合法化するよう求める運動をおこなう。
  • 1983年6月13日 「ヨット指導と称して暴行や監禁を繰り返し、計4人を死亡させた」などとして、愛知県の「戸塚ヨットスクール」校長・戸塚宏と同校コーチらが、訓練生への傷害致死容疑などで逮捕される。
  • 1985年3月23日 岐阜県立中津商業高校で、陸上部顧問からの「体罰」・暴行を苦にした部員の女子生徒が自殺。
  • 1985年5月9日 岐阜県立岐陽高校の修学旅行中、宿泊先の茨城県で「持ち込みが禁止されたドライヤーを持ち込んだ」として担任教諭が暴行を加え、男子生徒を死亡させる。
  • 1985年11月20日 「1985年9月に児童を殴って重傷を負わせた。他にも日常的に暴力や暴言を繰り返した」として、東京都教育委員会は同日付で江戸川区立清新第一小学校の男性教諭を諭旨免職。東京都での「体罰」による免職は初めて。
  • 1986年3月18日 岐阜県立岐陽高校「体罰」死事件、加害教師に懲役3年の実刑判決。
  • 1986年7月2日 石川県小松市立芦城中学校で、「忘れ物が多い」として担任教諭が2年生の男子生徒を殴り死亡させる。
  • 1987年1月17日 川崎市立桜本小学校で、養護学級担任の男性教諭が2年男子児童の頭部を殴り死亡させる。児童は頭蓋骨に障害を持っていた。
  • 1987年8月26日 石川県小松市立芦城中学校「体罰」死事件、金沢地裁は加害教師に執行猶予付きの有罪判決。
  • 1988年11月 川崎市立桜本小学校「体罰」死事件、最高裁で加害教諭への実刑判決が確定。
  • 1989年11月20日 児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)、国連で採択。

1990年-1994年

  • 1990年6月11日 大阪市教育委員会、「日常的に『体罰』繰り返し、減給処分にした直後にもさらに数件繰り返した」として、大阪市立加賀屋中学校の男性教諭を停職1ヶ月の懲戒処分。大阪市では初の「体罰」での停職。
  • 1990年6月 岐阜県多治見市立中学校で同年5月、担任教諭が生徒に暴力を加えた事件で、学校側が「事件に関連して父親から金銭を恐喝され、校長が現金を渡した」と主張して警察に被害届を出していたことがわかった。岐阜県警は教諭を傷害容疑で、父親を恐喝容疑で、それぞれ書類送検。
  • 1990年7月4日 兵庫県立神戸高塚高校で校門圧死事件発生。
  • 1990年7月12日 前年1989年に発生した、福岡市立中学校での「生き埋め体罰」事件が初めて報道される。
  • 1991年6月14日 鳥取県倉吉市立河北小学校の音楽専科の女性教諭が6年の音楽の授業中、「ある男子児童が授業中の質問に答えられず黙っていた」などとして、「お前は死人か」などと罵倒したうえ、音楽室の備品のメトロノームを児童の前に突きつけ、「葬式をしてあげよう」などと発言しながら、葬式の読経の際のかねを真似てメトロノームの音を鳴らす「葬式ごっこ」いじめをおこなった。
  • 1991年6月15日 福岡市立長尾中学校で3年を担任していた男性教諭がホームルーム中、尿検査の結果が思わしくなかった生徒を名指しして「葬式ごっこ」を首謀し、クラスの生徒に参加を強要。
  • 1991年7月28日 「風の子学園」事件。不登校を「治す」と自称した民間施設で入所生徒2人がコンテナに監禁され死亡。
  • 1991年8月28日 青森県三戸町立三戸中学校2年の女子生徒が、所属するソフトボール部の顧問を恨むとした遺書を残して自殺。顧問の「体罰」が確認されたという。
  • 1992年2月22日 東京都東久留米市立中学校2年の女子生徒が、女性教諭から受けた「体罰」や暴言を苦にして自殺。
  • 1992年6月16日 長崎県立壱岐高校で宿泊学習中、宿舎で男子生徒が教諭から殴られる。生徒は8日後に死亡。
  • 1993年9月6日 岐阜県立中津商業高校「体罰」自殺事件の民事訴訟、岐阜地裁は教諭の「体罰」を認定して違法と結論、県に損害賠償を命じる。
  • 1993年10月8日 東京都台東区立中学校の校長が、「問題行動」があった生徒3人を校長室に呼び出して暴行。校長は減給処分の上1994年1月に校長職から更迭。
  • 1993年10月13日 栃木県茂木町立茂木中学校3年の男子生徒が、教師からの「体罰」を苦にする遺書を残して自殺。
  • 1994年6月2日 岡山市立岡北中学校で1993年9月、バドミントン部の部活動中に顧問教諭が生徒に暴行を加え網膜剥離のケガを負わせた問題で、岡山弁護士会は教諭の行為を人権侵害と認定し、同日付で教諭と学校に警告、また岡山市教委に防止策をとるよう勧告。
  • 1994年4月22日 日本政府、子どもの権利条約を批准。同年5月16日公布、同年5月22日効力発生。
  • 1994年9月9日 兵庫県龍野市立揖西西小学校6年の男子児童が、教師からの「体罰」を苦にして自殺。
  • 1994年9月27日 岡山市立旭東中学校の男性教諭が、「制服の下にトレーナーを着ていた」などとして複数の生徒に暴行を加えたり下着姿で廊下に立たせるなどの行為を繰り返した問題で、岡山弁護士会は教諭の行為を人権侵害と認定し、同日付で教諭と学校に警告、また岡山市教委に再発防止を勧告。

1995年-1999年

  • 1995年7月17日 福岡県の近畿大学附属女子高校で、商業科担当の男性教諭が女子生徒を殴って死亡させる。
  • 1995年10月9日 「顧問を務めていた演劇部で、生徒に指導と称して暴行を加えてけがをさせた」として、奈良県警は奈良県立西の京高校の元教諭を傷害容疑で逮捕。元教諭は逮捕2日前に奈良県教委から諭旨免職処分を受けていた。その後部員へのわいせつ行為でも追起訴。
  • 1996年3月19日 福岡市立壱岐中学校生き埋め暴行事件(1989年)の民事訴訟、福岡地裁は教諭らの生き埋め行為を「体罰」と認定して福岡市に賠償命じる。
  • 1996年5月 大阪府堺市立日置荘小学校で、3年担任の女性教諭が同年4月下旬頃から、頭にケガをして防護ネットをかぶって登校した男子児童に対し、ケガをからかうような歌を歌ったり暴言を繰り返すいじめ行為をおこなっていたことが発覚。
  • 1996年6月25日 近畿大学附属女子高校「体罰」死亡事件、福岡高裁で加害者への実刑判決。
  • 1996年9月17日 東京都東久留米市立中央中学校「体罰」事件(1994年発生)の民事訴訟で、東京地裁は原告の訴えを一部認めて市に賠償命じる。判決では「体罰」容認の風潮を厳しく批判した。
  • 1997年9月 兵庫県の夙川学院高校のソフトボール部で監督が部員への平手打ちなどの「体罰」。この事件を機に、監督の日常的な「体罰」がおこなわれているとして 部員や保護者が強く反発して休部状態になる。監督は同年中に退職したのち、大学ソフトボール部の指導を経て硬式野球の指導者に転じたが、2007年には当時勤務していた神村学園高等部(鹿児島県)で再び「体罰」問題を起こした。
  • 1998年6月15日 岡山市立中学校で体育の授業中、2年の男子生徒が勢い余って倉庫体育館のドアにぶつかりドアを壊したとして、授業担当教諭が立腹して暴行し腎臓出血のケガを負わせる。教諭は直後に退職届を出すが、岡山県教委は同年6月30日付で教諭を諭旨免職。「本来なら懲戒免職相当と判断したが、教諭が連日生徒を見舞うなど反省の態度を示している」として懲戒免職を見送ったという。
  • 1998年8月 兵庫県高砂市立竜山中学校で、バレーボール部顧問が部員の顔に至近距離から執拗にバレーボールを強い力でぶつけ、急性硬膜下出血で重体にさせる。
  • 1999年3月30日 大阪府美原町(現・堺市美原区)の町立さつき野中学校で生徒4人に暴行を加え男子生徒1人に脳内出血を発症させるなどのケガを負わせたとして、同校の男性教諭を停職3ヶ月の懲戒処分。

2000年-2004年

  • 2000年12月4日 熊本県教育委員会は「『写生大会の絵の題材が同じだった』として児童を全裸にする罰を与えたなど、日常的に『体罰』を繰り返した」として、県内の町立小学校の男性教諭を懲戒免職処分。
  • 2001年9月5日 「沖縄県立高校1年だった1997年4月、入学直後最初の芸術選択科目で誤った科目の教室に入り、その際に担当教諭から頭突きを受け鼻 が曲がるなどの後遺症を負い、また退学を余儀なくされた」として元生徒が訴えた訴訟、那覇地裁は元生徒側の訴えを一部認め沖縄県に約125万円の支払いを命じる判決。
  • 2001年10月 神戸市立中学校の生徒を対象にした、神戸市民防災総合センターで実施された校外体験学習で、指導していた神戸市消防局所属の消防司令補が、「さぼっていた」などとして生徒2人に暴力。生徒1人がけが。神戸市消防局は同年12月、加害者を戒告処分。
  • 2002年1月 戸塚ヨットスクール事件、最高裁で戸塚宏校長やコーチらへの実刑判決確定。
  • 2002年2月 千葉県柏市立柏高校で2001年7月、柔道部顧問2人が「女子部員との交際禁止」などとして男子部員を呼び出し暴行を加えたことが発覚。この事件の調査の中で2000年3月、01年の事件に関与した1人が女子部員の顔を殴り顔面骨折の怪我を負わせ視力低下の後遺症を発症させていたことも発覚。
  • 2003年1月7日 警視庁竹の塚署は、「2002年12月、給食時間中に児童を殴り顎の骨を折る怪我をさせた」として東京都足立区立東伊興小学校教諭を逮捕(被害者側と示談成立し不起訴処分)。
  • 2003年10月 福岡市立小学校教諭・林田真二が、担任していた4年生のクラスの児童に暴力や暴言を繰り返してPTSDに追い込んだとして、被害児童と保護者が林田個人と福岡市を相手取って福岡地裁に提訴。
  • 2003年12月 「札幌市立高校で2000年9月、体育の柔道の授業中、柔道着を忘れたとして担当教諭が生徒の尻に竹の棒を突っ込むなどの行為をおこなった。生徒が抗議すると教諭は逆恨みして、それ以降生徒に対し、ささいなことに難癖を付けて執拗にいびり倒すなどのいじめ行為を繰り返し、不登校に追い込まれた」として被害生徒が訴えていた訴訟で、「教諭個人が34万円、札幌市が26万円の計60万円の和解金を生徒側に支払う」内容で、札幌地裁で和解が成立。
  • 2004年7月 大阪府立河南高校非常勤講師が2000年10月、「授業中に携帯電話を操作した」として生徒を殴り打撲症や捻挫などのケガを負い後遺症も残ったとして被害者の元生徒が訴えていた訴訟で「講師が謝罪して、見舞金100万円を生徒側に支払う」という内容で、大阪地裁で和解成立。
  • 2004年9月3日 東京都板橋区の剣道団体「常盤台剣友会」で2004年8月の合宿中、指導者3人が小学生に対し竹刀でたたくなどの行為を執拗に繰り返し、両腕が腫れ上がる・頭にこぶをつくる・尻にあざができるなど全身にけがをし、またPTSDも発症したとして、被害児童の保護者が警察に被害届を出す。

2005年-2009年

  • 2005年4月8日 宮城県蔵王高校に在学していた当時、生まれつき茶色がかった髪にもかかわらず黒く染めることを強要されたうえ、教師から黒色のスプレーを吹き付けられたり自主退学を迫られたとして、元生徒が仙台地裁に提訴。この問題では、名称が似ている無関係の高校が事件のあった学校と間違えられ、その学校に抗議が殺到する騒ぎも発生した。2006年に「県が教員の非を認めて謝罪し和解金を支払う」内容での和解が成立。
  • 2005年5月17日 北九州市立中学校で「顧問を務めていた卓球部で生徒に激しい暴行や暴言を繰り返し、自律神経失調症や不登校に追い込んだ」として2003年に懲戒免職になった暴力教師・林壮一郎が、停職6ヶ月に処分軽減の上で2005年4月から何の研修措置も受けずに復職していたことが報じられる。
  • 2005年8月3日 神戸市立御影中学校の柔道部で、合宿中に体調不良を訴えた生徒に対し顧問の臨時講師らは適切な対応を怠った上「さぼっている」「気合いが入っていない」などとして「体罰」を加えるなどした。生徒はその直後、熱中症で死亡。
  • 2005年8月5日 「約7年間にわたり、担任クラスの児童らに対して日常的に、給食を手で受けて食べさせる行為や『体罰』を少なくとも11件繰り返した」として、鳥取県弁護士会が同県湯梨浜町立東郷小学校の女性教諭に、人権侵害として警告書を送付。
  • 2005年8月22日 北海道の私立駒大苫小牧高校で、野球部長が部員に対して暴行を加えていたと、学校側が明らかにした。同校野球部は直前の甲子園大会で優勝したばかり。
  • 2006年3月16日 北九州市立青葉小学校5年生の男子児童が、担任の女性教諭から「体罰」を受けた直後に自殺。
  • 2006年4月29日 戸塚ヨットスクール校長・戸塚宏、刑期満了で刑務所から出所。
  • 2006年8月 「千葉県柏市立柏高校の柔道部員だった2000年3月、柔道部顧問教諭から殴られ顔面骨折のケガを負い、視力低下などの後遺症が残った」として、被害者が柏市と顧問教諭を訴えた民事訴訟で、柏市と顧問教諭が連帯して200万円の損害賠償を被害者側に支払う内容で和解がまとまった。なお、加害者の顧問教諭は2004年に宮崎県教委の特別採用試験に合格して宮崎県立高校に移ったが、異動先でも柔道部指導中に「体罰」・暴力や暴言を繰り返したとして2013年3月に宮崎県教委から懲戒免職処分を受けた。
  • 2007年2月 文部科学省、「体罰」範囲の見直し通知を出す。水戸五中事件判決などを根拠に軽くたたくなどは「体罰」に含めないという時代逆行の見解。
  • 2007年3月 福井市立成和中学校で2000年9月、網膜剥離を起こしやすい先天性疾患を持ちかねてから学校生活上の配慮を申し入れていた当時1年の男子 生徒が、担任教諭から殴られ眼球出血を発症し失明に追い込まれた事件の民事訴訟で、福井地裁は教諭の暴行を故意と認定し福井市に約7700万円の損害賠償を命じる判決を出す。福井市や当該教諭は「誤って目に当たった」「失明は疾患が原因」と主張したが、判決を受けて福井市は控訴を断念し、賠償金相当額のうち約2200万円を教諭に求償。
  • 2007年7月24日 北海道札幌聾学校の教諭が児童を注意した際、注意が手話ではなかったことから、聴覚障害のために教諭の注意を理解できなかったにもかかわらず「言うことを聞かなかった」として蹴りつける。折しも別の「体罰」事件の相談のために来校していた保護者が一部始終を目撃していた。
  • 2007年9月13日 大阪市立田辺中学校で2005年、サッカー部顧問教諭が部活動指導中「プレッシャーを克服する」と称して「PKに失敗したら全裸ランニング」と命じ、失敗した生徒に実際に全裸ランニングを強要した(2007年6月発覚)として、当該者を停職2ヶ月の懲戒処分。この教諭は停職期間明けに同校に復帰したものの、直後の2008年1月17日早朝に大阪市内の自宅近くの鉄道踏切で飛び込み自殺。
  • 2008年5月20日 「大阪市立中学校剣道部顧問だった教諭(在任1996年-2004年)から部活動指導と称して暴力やわいせつ行為を受けた」として被害者が大阪市と当時の顧問教諭を訴えていた訴訟で、大阪地裁が被害を全面的に認定し、大阪市に賠償命令。大阪市は控訴せず同年6月に判決が確定し、同年6月27日付で元顧問教諭(2008年時点では教頭に昇進し市教育センター指導主事として勤務)を懲戒免職。
  • 2008年11月12日   神奈川県立湘南高校定時制で非常勤技能員が1年生の男子生徒に暴行を加えた問題(2007年6月発生)で、傷害罪に問われた技能員に対し、横浜地裁が無罪判決を下す。
  • 2008年11月25日 福岡市立小学校教諭・林田真二が児童に執拗ないじめを繰り返してPTSDにさせたとして被害児童と両親が訴えていた問題で、福岡高裁は一審に引き続き、林田の暴行やいじめ行為を一部認定し、また「林田のいじめ行為で心因性症状を発症した」と認定して賠償額を増額する判決。原告・被告とも上告せず、同年12月10日付で判決確定。
  • 2009年4月28日 熊本県本渡市(現・天草市)の小学校で2002年、教員から胸ぐらをつかまれるなどしてPTSDを発症したなどとして被害児童と保護者らが損害賠償を求めて訴えていた訴訟で、最高裁は教員の行為を「教育の範囲」として児童側の請求を棄却。
  • 2009年10月23日 福島県郡山市立行健中学校で発生した「体罰」事件の賠償金をめぐり、賠償金を支払った福島県が郡山市に対し、県から被害者に支払った賠償金相当額全額の補償を求めていた問題で、最高裁は福島県の訴えを認める二審判決を支持して郡山市の上告を棄却。市が賠償金相当額を全額負担する判決が確定した。

2010年-2014年

  • 2010年7月21日 滋賀県教育委員会、滋賀県立野洲養護学校の教諭4人が特定の男子生徒へのいじめ行為を繰り返したとして、いずれも停職1ヶ月の懲戒処分。当該教員は処分に不服を訴える。教職員組合は問題とされた事実関係そのものは認めて「教育上許されない」「関係教職員は今回指摘されている問題を深く真摯に受け止めて反省し、今後この様なことが起こらないようにすべきです」と厳しく指摘しながら、一方で「「脅し」「いじめ」「虐待」「セクハラ」「暴行」 などでは一切ありません」と矛盾したことを強弁したり、事件を報道したマスコミや記事を読んだ一般市民に責任転嫁するような不可解な声明を出す。
  • 2011年3月 岩手大学野球部部長兼監督の准教授が、野球部指導の際に部員に暴力行為を繰り返していたことが発覚。
  • 2012年7月13日 担任していた特別支援学級で、授業中に解答を間違えると頭をおさつけたりげんこつでたたくなどの行為や、給食を食べるのが遅かったと してカッターナイフの刃を出し「これでお腹を切って給食を入れたほうが早いんちゃうか」と脅すなどしたとして、神戸市教育委員会は同日付で、神戸市立渦が森小学校の男性教諭を懲戒免職処分。
  • 2012年7月25日 埼玉県立三郷特別支援学校で小学部低学年を担任していた女性教諭が、複数の児童に「体罰」や暴言を繰り返したとして、埼玉県教育委員会は同日付で教諭を減給処分。
  • 2013年1月8日 大阪市立桜宮高校2年の男子生徒が2012年12月23日、所属するバレーボール部顧問教諭からの「体罰」・暴力を苦にして自殺していた事が判明。大阪市教育委員会が同日に記者会見を開いて公表。
  • 2013年4月2日 岡山県教育委員会に2013年2月から3月にかけて複数回、岡山県立高校の部活動での「体罰」の匿名告発電話がかかってきた際、応対した職員が、電話機に表示された発信元の番号から発信者の住所氏名を割り出し、当該校に番号の持ち主情報を無断で伝えていたことが新聞報道される。
  • 2014年10月 神奈川県大和市立小学校の女性教諭が2008年度に児童に暴行を加えながら、保護者から「抗議」として暴力や暴言などを受けて名誉を傷つけられたと主張して保護者を相手取って損害賠償を求めた訴訟で、横浜地裁が教諭の主張を認め、保護者に賠償を命じる判決を出した。

2015年-

  • 2015年4月14日 岐阜県高山市の私立高山西高校の剣道部顧問教諭について、複数の部員に「体罰」を繰り返したとして学校側が諭旨免職処分。当該教諭は2013年にも「体罰」で出勤停止処分を受けたことがある。
  • 2015年6月 「東京都の成城学園初等学校(小学校)で1年を担任していた時、クラスの児童の喧嘩を止めさせようと児童1人を木にくくりつけた」として「体罰」で解雇されたことは不当として、元教員の男性(57)が解雇無効を求める訴訟を東京地裁に起こしていたことがわかった。当該人物は事実関係を認めながら「体罰」ではないと主張。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする