「体罰」問題

体罰」とは、辞書的な説明では「こらしめのために、身体的な苦痛を与えること。日本の学校教育では、法律によって禁止されている。(三省堂『大辞林』)」とされる。たたくなどの行為だけにとどまらず、廊下に立たせるなども含まれる。

一方で実際には、教師や指導者などが単に感情的に暴力をふるったりいじめ行為をおこなったりするなど、児童虐待行為にすぎないにもかかわらず、加害者や周辺の人物があたかも「教育的指導」かのように装って正当化するため「体罰」の用語を使用することも多い。「体罰」と暴力・児童虐待の間には、事実上垣根はないといっても差し支えないといえる。

「体罰」を肯定する人物も後を絶たないが、そういう態度は全くの誤りである(「体罰」肯定論は誤り)。「体罰」と称する暴力行為が原因で、児童・生徒が心身に重大な傷を負って問題化する事例も多い。

※当サイトでは、いわゆる「体罰」は暴力そのものであると判断しています。しかし「体罰」の用語であくまでも教育的行為かのように装って加害行為を正当化する者が絶えず、本質が見えにくくさせられている一面もあると認識しています。できるだけ「教師による対児童・生徒暴力」「暴力行為」など実態に即して言い換えるようにしていますが、煩雑さを避ける目的や一般的な用法を考慮して、「体罰」の用語を使用するときはカギカッコ付きで表現しています。

「体罰」・対生徒暴力事件関連年表

「体罰」に関する主な事例


「体罰」に関する主な事例

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする