福岡市立小学校教諭人種差別的児童いじめ事件

福岡市西区の公立小学校で2003年、4年生を担任していた教諭・林田真二が担任クラスで、ある特定の児童が外国にルーツを持つことを知り、人種差別的ないじめを繰り返した 事件。この教師を支援するジャーナリストの名義で、事件を「でっちあげ」などと正当化する書籍が出されるなど前代未聞の攻撃がおこなわれた。

経過

当該教諭・林田真二(2003年当時46歳)は2003年5月、担任クラスの児童の家庭訪問の際、ある男子児童の曾祖父が外国人であることを知った。

その日以降林田は、児童に対して人種差別的な発言や「生きる価値がない、ここから飛び降りて死ね」などの暴言を公然と繰り返し、また「汚れた血を恨め」などといいながらその児童に暴行を加える・児童のランドセルをゴミ箱に捨てるなど、その児童への暴力・嫌がらせ行為を連日にわたって執拗に続けた。

保護者が2003年5月末に学校側に被害を訴え、事件が発覚した。また2003年6月6日には学校から最初の報告書が福岡市教育委員会に提出された。

学校や福岡市教委の調査に対して、林田は一貫していじめを否認した。しかし学校側がクラスの児童に対しておこなった調査では「クラスの児童のほとんどが林田の暴行を目撃した」「クラスの児童の大半が『アメリカ人』などの林田の発言を聞いた」「事件発覚後の一時期には監視役の教諭がクラスに付いていたが、林田はその教諭がいない時を見計らって暴行を加えた」「暴行が問題化した後は、林田は机をたたいて威嚇したり暴言を吐く回数が増えた」などの事実が判明した。

また林田本人は、児童に「体罰」と称して暴力を加えたことなど一部については事実上認めたうえで、「軽微なもので大したことではない」「『体罰』は先輩教師から教わったコミュニケーションの手段」などと居直った。

福岡市教委は、同じクラスの児童の証言など多数の状況証拠に基づいて、林田によるいじめ行為は事実と判断し、2003年8月22日付で林田を停職6ヶ月の懲戒処分にした。福岡市教委は林田のいじめ・暴力行為を懲戒処分の対象とした。一方で「生きる価値がない、ここから飛び降りて死ね」の暴言など訴えの一部については、被害者側からの訴えを把握したもののその時点では事実関係を判断できなかったとして処分理由には含めなかった(2003年10月10日・福岡市議会平成15年決算特別委員会第1分科会、2003年12月15日・福岡市議会平成15年第1委員会)。

福岡市教委は当時、調査を続けた上で「今回処分において認定していない新たな行為や、あるいは処分後の行為で違法な行為や不適切な行為があれば、事実確認を行った上で必要に応じて適正に処分や指導を行っていく」(2003年12月12日・福岡市議会平成15年第6回定例会、教育長の答弁)とした。

しかし処分後も林田は、児童の同級生に自宅に電話をかけ「(被害児童が)お宅のお子さんをいじめていたから注意しただけ」と被害者一家を中傷する、被害者宅の近くに車を停車させて一家を監視するような行動をとったなどの行為をおこなったことも指摘された。

それらが引き金となり、児童は重度のPTSDを発症し半年あまりの入院治療を余儀なくされ、また転校を余儀なくされた。

民事訴訟へ

被害者は福岡市と林田個人を相手取り民事提訴した。林田は「児童が言うことを聞かなかったのでたたいたことはある」と動機をゆがめて描きながらも、暴力の事実自体は自ら認めていた。

一審福岡地裁(2006年7月)で、事件の全体像からみれば不十分な形ながらも、林田が児童のランドセルをゴミ箱に捨てたこと・暴力を加えたこと・「髪の毛が赤い人」と発言したことなどいじめ行為を認定し福岡市に約220万円の損害賠償を命じる判決。一方で林田個人への賠償請求は、国家賠償法を理由に退けられた。

被害者側は認定範囲が不十分として控訴した。

前代未聞の中傷書籍出版

一審判決がだされ控訴審が争われていた最中の2007年1月、事件を正当化し「モンスターペアレントによるでっちあげ」と主張する書籍が発行された。加害者周辺からの口コミの形での被害者中傷はこれまでのこの手の事件でもよく見られたが、マスコミを使っての大々的な中傷は前代未聞だと思われる。

この書籍は「教師への一方的な報道被害」「センセーショナルな報道への批判」を主張の軸の一つにしているが、実際にはこの書籍自体がセンセーショナル報道をおこなって被害者に報道被害を与えることになった。

このような書籍が出版された背景には、「暴力やいじめ行為がばれた教師は居直って自己正当化する傾向がある」という一般的傾向に加えて、以下の要因も含まれているという指摘もされている。

  • ある大手新聞社や週刊誌が林田の問題を批判的に取り上げたため、かねてからこれらのメディアを「ライバル」とみなしていた出版元が過剰なライバル意識を燃やし、それらの報道の内容を否定して林田の行為を正当化するような過熱報道をおこなった。
  • 林田は「ある団体の中心的活動家」という情報が一部で報じられている。その団体の会員仲間の人物が林田に同調し、事実無根のデタラメを広めた。

さらに二審判決確定後も、中傷本著者の名義で従来の主張を蒸し返して被害者を攻撃する文章が週刊誌に発表されたり、書籍の内容を焼き直した文庫版が発行されたりした。

マスコミによる報道被害

「でっちあげ」本の内容を鵜呑みにして事件の事実関係をゆがめて報道し、被害者に報道被害を与えたマスコミ等も現れた。

公明新聞(公明党)は2007年8月3日付の「主張 モンスターペアレント問題 「子どもの幸せ」を第一に」 でこの問題を取り上げている。この記事では「原告側のねつ造が暴かれ、07年3月、原告敗訴が確定した。」「5800万円の損害賠償請求も棄却」などと事実に反する内容を掲載している。しかし記事で「原告敗訴が確定」と指摘した2007年3月時点でも、記事が書かれた2007年8月時点でも、裁判は控訴審で継続中だったので「確定」は事実に反する。また原告側(被害者)の捏造自体が存在しないので、存在もしない「捏造が暴かれ」ようもない。「原告敗訴」と称するものが2006年7月の一審判決のことを指していると解釈しても、同判決では林田によるいじめの事実関係も賠償も一部認められているため、「被害者側の捏造がばれて全面棄却された」かのように描くのは明らかに誤りである。

地元・福岡の放送局であるRKB毎日は2008年5月の控訴審結審の際、林田のおこなったいじめ行為について「一審では認められなかった」「センセーショ ナルな報道だけが独り歩きした」かのような事実に反する描き方をおこない、あたかも被害者一家が嘘をついているかのような印象を与える報道をおこなった。

「でっちあげ」本やそれに追随した一部報道を盲信し、「でっちあげ」の筋書に沿って被害者親子を攻撃する文章をブログ等で発表する人物や、林田のいじめ行為を批判するブログなどに対してコメント欄に突撃して内容を書き換えさせようとする人物なども多く現れた。

控訴審

裁判妨害戦術

控訴審では福岡市・林田真二個人それぞれとの訴訟が争われていた。しかし林田真二本人や支援者で中傷本著者の福田ますみは、法廷内外で激しい中傷や嫌がらせ 策動をおこない、裁判の正常な運営を不可能とし裁判自体を断念させようとする戦術をとった。また被害者の児童本人の精神状況を知りながら、児童の心身に過 剰な負担をかけるような無理な証言状況を作り、症状を悪化させて証言不能に追い込もうとする裁判戦術も採った。

被害者側は児童の状況を考慮したことや、もともとの裁判目的は「林田のいじめ行為の事実関係を詳細に明らかにすること」であり「国家賠償法の規定により、意図的に不法行為をおこなった教師個人への損害賠償が認められない、という現行の法解釈を問うこと」は本質的な論点ではないという点などを総合的に判断し、林田個人への訴訟を取り下げ、福岡市との訴訟一本に絞ることになった。

林田真二や福田ますみは自分の裁判戦術を棚に上げ、「不利になったから取り下げた」「林田に証言をさせない裁判戦術」などと中傷している。しかし事実関係をたどると、裁判を取り下げさせようと策動した裁判戦術をとったのは林田真二とその弁護側である。

福岡市との訴訟は継続していた。林田真二は福岡市の補助参加人として名を連ね、「暴力やいじめなどをしていない」という主張を好き放題おこなった上で、二審判決へとつながっている。したがって「林田に証言をさせなかった」というのは事実に反する。

いじめを一審以上の範囲で認定した二審判決が確定

二審福岡高裁は2008年11月25日、一審よりも賠償金を増額し、福岡市に対して330万円の支払いを命じる判決を出した。

高裁判決では一審判決に引き続き、耳を引っ張るなどの暴力・ランドセルをゴミ箱に捨てた行為などの林田のいじめ行為・暴力行為を認定した。また林田の言動を「体罰・いじめというべき不法行為」と指摘し、違法性があるとした。

一方で判決では、林田の暴力・いじめ行為とPTSDとの因果関係については認めなかった。しかしいじめとPTSDとの因果関係こそ明確に認定しなかったものの、「林田のいじめ行為によって心因性の症状を発症して治療の必要があった」と一審以上に踏み込んで認定し、賠償金を増額している。

高裁判決も、いじめの事実認定の範囲こそ不十分ではある。しかし林田によるいじめの基本的な事実関係は認められている。 したがって、林田側の「事件は虚言癖のある保護者によるでっちあげ」という主張や、その主張に基づいて発行された書籍の内容については、高裁判決でも完全に否定されたことになる。これはすなわち、林田と書籍関係者が嘘をでっち上げて被害者の保護者を「モンスターペアレント」呼ばわりする事実無根の中傷をおこなったことを、実質的に認定していることになる。

裁判では福田ますみの『でっちあげ-』なる書籍についての直接的な言及はないものの、林田真二は裁判で書籍の内容と同じ主張をおこなった上でその主張が全面的に退けられたことから、実質的に裁判でも「この書籍こそが嘘でありでっちあげである」と認定されているとみなして差し支えない。

福岡市は2008年12月4日、二審判決を受け入れて上告しないことを表明した。また原告側も2008年12月8日、「いじめを明らかにでき、正義はあると確信した。これからも前向きに頑張って生きていきたい」(被害児童のコメント)として、上告しない方針を表明した。双方が上告しなかったため、2008年12月10日午前0時をもって判決が確定した。

判決確定後も中傷が続く

二審福岡高裁判決確定後も、控訴審判決の内容を踏まえた上で判決を都合の良いようにゆがめ、「被害者=モンスターペアレントのでっちあげ」かのように中傷する動きが続いている。

中傷本の作者・福田ますみは、事件の経過をゆがめて被害者を攻撃する文章を、繰り返し週刊誌で公表している。2009年2月・2013年5月にそれぞれ、中傷文章が発表されている。また2010年1月には、中傷本の内容を焼き直した文庫版が新潮文庫より発売された。

なお、この筆者については、長野県丸子実業高校のいじめ自殺事件でも、いじめは事実にもかかわらず、加害者側に加勢して事件はでっちあげ・自殺した生徒の母親がモンスターだったと中傷する文章を発表している。

人事委員会・教育委員会の不可解な措置

当該教諭・林田真二は教育委員会から停職処分を受けたが、処分を不服として再審を申し立てた。一方で被害者が民事訴訟を起こしていたことを理由に、判決結果が確定するまで再審については保留されていた。

前述のとおり、民事訴訟では教諭のいじめ行為を明確に認定した判決が確定した。林田への処分に対する再審の手続きが再開されたものの、福岡市人事委員会は2013年1月、判決を完全無視し林田の主張に沿った形で、事件は大したことのない「体罰」であり処分するまでもなかったとして、停職処分を完全に取り消す不当裁定をおこなった。福岡市教委も不当裁定を受け入れ、処分取り消しが確定した。

なお、林田真二と同名の教諭が、2014年4月まで福岡市立花畑小学校(南区)に勤務し、2014年4月より福岡市立周船寺小学校(西区)に勤務している。2016年度には周船寺小学校で高学年の専科教員を担当している。


◎主ないじめ事件の事例

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする