広島県中3自殺、誤った「万引き」記録を元に進路指導したことが原因か

 広島県府中町立中学校3年の男子生徒が2015年12月に自殺していたことが、3月8日までにわかった。学校側の資料に「万引きをした」と誤って記載されたことで、志願していた私立高校の推薦入試を受験できないとされたうえ、担任教諭から「万引きのことを親に報告する」などと迫られた直後に自殺したという。

 府中町教育委員会によると、この学校ではこの生徒が1年時に「万引きをした」と誤って記録していた。実際は生徒の万引きは事実無根で、別の生徒の問題行動を取り違えて、誤ってこの生徒の行為として書類に記載したものだった。

 ある教員が誤りに気づいて訂正を求めたものの、訂正されないままになっていた。生徒が3年になり、学校長推薦が必要な私立高校入試を志願したが、担任教諭は誤った「万引き」記録を元に「推薦入試は受けられない」とした。担任教諭は計4回生徒と面談をおこなったが、「万引き」の誤った前提で進め、万引きのことを親に報告するなどとも発言したという。

 学校側は生徒の自殺については伏せ、同級生らには「急死した」とだけ伝えた。「万引き」記録が誤りだと公式に認められたのは、生徒の自殺後だったという。

 この事案は進路への不安などというレベルの話ではなく、学校側の不適切な対応で濡れ衣を着せて理不尽に追い詰めた「指導死」事案の疑いが強まったことになる。いくらでも「万引き」記録を訂正する機会はあったはずだし、そもそも担任教諭が1年当時の担任や学年担当の教員など他の教師に確認を取れば事実無根・記録ミスとすぐに分かるはずのことではないのか。

(参考)
◎中3男子が自殺…「万引き」の誤記録で推薦せず(読売新聞 2016/3/8)
◎「1年生時に万引き」誤記録で進路指導 広島の中3自殺(朝日新聞 2016/3/8)

スポンサードリンク