岩手いじめ自殺、同級生書類送検へ

 岩手県矢巾町立中学校2年だった男子生徒が2015年7月に自殺し、背景にいじめがあったと指摘された問題で、自殺した生徒に暴行を加えたとして、警察が同級生1人を書類送検する方針を固めたと報じられた。

 生徒の父親が同級生4人を刑事告訴していた。14歳の少年1人を暴行容疑で書類送検し、当時13歳だった少年1人について児童相談所に通告するとしている。残る2人については、暴行の事実が確認できなかったとする捜査結果の書類を送付する方針を固めた。

 この問題では、各生徒が学校側に提出するノートで「いじめを受けた」と訴えながら、1年次の担任・2年次の担任とも対応せず、それどころか内容を読んだ上で故意に無視して意味不明な返答をした記述と受け取れるような書き込みを赤ペンでつけて返したことも指摘された。

 学校側はその後の調査で、いじめ6件を認め、いじめが自殺の一因になったことは否定できないなどとした。

 書類送検や児童相談所通告という形でも、事件の内容を解明し、適切な対応を取ることが求められる。