大学入試調査書改ざん問題、元天竜市長を贈賄容疑で逮捕

 静岡県立天竜林業高校(浜松市天竜区)で大学推薦入試の調査書が改ざんされて成績が水増しされていた問題で、静岡県警は9月24日、「2006年頃、当時同校に在籍していた自分の孫の成績を改ざんするように依頼し、現金を校長に渡した」として、旧天竜市(2005年7月に浜松市に合併)で市長を務めていた中谷良作容疑者(76)を贈賄容疑で逮捕しました。

 また加重収賄容疑で、北川好伸・元校長(60)=有印公文書偽造容疑で逮捕・起訴=も再逮捕しています。
 成績改ざん対象となった生徒は「地元有力者の身内」と報じられていましたが、現金の授受まであったのだから開いた口がふさがりません。当初報じられていた内容以上に、問題の根は深いようです。

スポンサードリンク