智弁和歌山野球部監督が部員に暴力

 智弁和歌山高校の野球部で練習試合中、同部の監督が部員を足で蹴りつけたという暴力事件が報じられています。

 学校側および高野連の発表や各紙報道によると、監督は「気合いが足りない」などとして部員を蹴りつけたということです。目撃していた別の部員が学校側に知らせて発覚しました。学校側の調査に対し、監督は「選手の実力・技術アップのためだったが、行きすぎた指導をしてしまった」などと話して事実関係を認めたということです。
 智弁和歌山高校といえば甲子園大会の常連校で、今回事件を起こした監督自身も高校野球界では日本トップクラスの指導者として知られています。しかしこういう事件が起こったことに対しては、反省と再発防止を強く求めなければなりません。
 「実力や技術の向上のためには暴力が必要」という考え方は部活動に根強く残っていますが、実際にはそういう主張は科学的には全く証明されていません。むしろ暴力は有害だという研究結果すら出ています。こういう間違った「指導」(実際には単なる暴力に他ならない)は、即刻根絶されるべきです。

スポンサードリンク