今度は秋田県知事が公表意向示す:全国学力テスト市町村別成績

 寺田典城・秋田県知事は9月8日、全国学力テストの県内市町村別成績について、県の責任で公表したいという意向を示しました。

 「国の税金で実施しているテスト結果の公表は理にかなう。競争主義とかではなく、結果を良い意味で活用すべき」などということを理由に挙げています。
 秋田県はかねてから県内の市町村に公表を打診してきましたが、応じた市町村はありません。『読売新聞』の取材によると応じる意向の市町村は皆無だということです。県側は説得を続け、応じない場合は県から公表するとしています。
 先日大阪府知事も似たような発言をおこなっていますが、こういうのは勘弁してほしいです。
 当サイトで繰り返し論じているので詳細は過去の記事での記述に譲りますが、市町村別・学校別の成績公表では「テストの点をあげるための競争」になり、本当の意味での学力とは関係のないところでの小手先の対策がおこなわれることになります。また過剰な序列化も生まれます。

スポンサードリンク