福島県立高校女子生徒自殺:いじめの可能性指摘される

 福島県会津若松市の福島県立高校で、この学校に通う2年の女子生徒が校内で首吊り自殺していたことがわかった。生徒の関係者は「いじめがあったのではないか」と訴えているという。

 福島県教委は自殺事案があったことは認めながら、「詳細は9月26日に記者会見する」などとしている。

 報道によると、この女子生徒は9月18日夕方に自宅に帰宅せず、家族が警察に捜索願を出した。警察から学校に連絡し、教職員が学校内を見まわったところ、19日未明に校舎内の女子トイレで首を吊っていた女子生徒を発見した。

 いじめの可能性の指摘を受け、学校側は生徒へのアンケートや、生徒・保護者への説明をおこなったという。

 現時点では調査中の段階で、事件について判断できる段階ではない。しかしその一方で、一般的にいえば、在校生が学校を自殺場所に選ぶ場合は、学校内で何らかのトラブルがあったというケースが目立つという印象を受ける。いじめの可能性が指摘されていることも含めて、慎重な調査が求められる。

(参考)
◎自殺:福島県立高2年生女子生徒が校内で首つり死亡(毎日新聞 2015/9/26)