香川県立高松北中学校で育鵬社歴史・公民継続採択

 香川県教育委員会は8月31日の教育委員会会議で教科書採択をおこない、県立中高一貫校の高松北中学校で育鵬社の社会科歴史・公民教科書を採択した。前回2011年についで2回めの採択となる。

 教育委員会での審議では、歴史では5人の教育委員中3人、また公民では全員が支持した。歴史教科書については「歴史の大きな流れをつかみやすい」「歴史上の人物の記述が充実している」などの意見が出たという。

 しかし、一方的で偏った内容が記載されている育鵬社教科書で、歴史の流れをつかめるのかどうかははなはだ疑問である。

 一方で特別支援学校中等部についてはいずれも、同日の教育委員会会議で他社の教科書を採択し、育鵬社は採択されなかった。また香川県の公立中学校では育鵬社を採択した採択地区はなかったことも、9月1日までに明らかになった。

スポンサードリンク