「学生の基礎学力不足感じる」過半数:私立大学教員

 私立大学情報教育協会の調査によると、私立大学教員の半数以上が「学生の基礎学力が不足している」と感じていることが分かりました。


 調査は、同協会加盟大学・短大のすべての教員(教授・准教授・講師)を対象にし、459大学(短大含む)・約2万3600人から回答があったということです。
 学生の基礎学力不足を感じるという声は今に始まったことではなく、あちこちで同様の指摘がされています。大学教育だけの問題ではなく、受験体制や高校までの教育のあり方を抜本的に見直し、構造的に変えていかなければどうしようもないといえます。
(参考)
◎<私大調査>教員の半数以上が「学生に基礎学力がない」(毎日新聞 2008/7/5)