虐待児童の保護強化を指示:大阪府知事

 橋下徹大阪府知事は2月18日、虐待を受けていると疑われる児童について、「疑わしきはちゅうちょなく保護してほしい」などとして従来以上の積極的な保護を大阪府の担当部局に指示したということです。

 府の担当部局は「従来も積極的に対応してきたつもり」としながらも、さらに保護施策の強化を検討するということです。

 橋下知事の教育・子ども政策については「子どもが笑う大阪」というキャッチフレーズを掲げながらも、個別に見ると本当に子どもが笑えるのだろうかというものも多々あります。しかし虐待児童の保護強化という点については全面的に支持します。疑わしきは躊躇なく保護するということでこそ、実際に虐待被害を受けている児童を救うことになりますし、行政の責務および児童福祉関係の諸法規の理念に合致したものです。