教師が「ネットいじめ」か?勤務校の生徒をツイッターで中傷した疑惑浮上:埼玉

 埼玉県北本市立中学校の男性教諭が、匿名のツイッターで男子生徒になりすまして勤務校の生徒を中傷する「ネットいじめ」行為をおこなっていた疑惑がマスコミ報道されている。

 産経新聞2017年12月8日『埼玉の市立中男性教員が生徒になりすましツイート 女子に「顔で損してる」』の報道によると、ツイッターでの書き込みは遅くとも2017年9月頃から始まったという。特定の女子生徒の容姿を中傷する書き込みを繰り返したり、わいせつな内容の書き込みがあったとされる。

 2017年10月には、結果公表前の生徒会役員選挙について、結果を公表するような書き込みがあった。そのことでツイッターの書き込みは、生徒会担当の教諭、もしくは生徒会の選挙管理委員会担当の生徒ではないかという疑惑が浮かび上がった。

 2017年11月には、この教諭が数名の生徒しかいない場所で話した内容がツイッターにアップされた。そのため、容姿を中傷された女子生徒を含む複数の生徒が、ツイッターでの書き込みは教諭のしわざではないかと強く疑い、11月下旬に教諭を問いただした。

 教諭は書き込みを否定したが、その翌日から「体調不良」を理由に欠勤しているという。

 生徒からの苦情を受けて学校側が調査を開始している。学校側は、ツイッターの書き込みは教諭のしわざでほぼ間違いないと判断し、生徒向けの説明会でもそのように話したという。

 しかしひどい話である。被害に遭った女子生徒を標的にした理由については現時点の報道の範囲では不明だが、これでは悪質なネットいじめを、教師自らがおこなっているということになる。

 中傷書き込みをおこなった加害者の側は別人になりすましながらも、執拗に中傷を繰り返したことで逆に状況証拠が積み重なった形になり、加害者はこの人物以外には考えにくいという状況を自ら生み出した形になっている。

 そもそも、他人への中傷・人権侵害などは、リアルでも表だって公然といえないものであるし、ネットでも言ってもいけないものである。ネットで匿名だからばれないと思っていても足が付くということにもなる。

 しかも今回の埼玉県で起きた問題は、加害者が教師で、被害者がその学校の生徒。いじめに対応する側の教師が、自ら率先していじめをおこなっているという、とんでもないことになっている。

 埼玉県の教師がなぜこのようないじめ・中傷行為をおこなったのか、今後詳細に解明した上で、厳しい対応をとっていく必要がある。