道徳教科化の研究会設置方向:文部科学省

 文部科学省は、道徳の教科化などを検討する「子供の発達と徳育に関する研究会」(仮称)を近く設置することを決めたということです。

 しかし、道徳は教科にはなじみません。道徳は一人一人の内面・価値観に伴うものであり、したがって一人一人が主体的に考え実践できる力を育成することこそが重要です。こういう力の育成は学校教育全体の中で総合的におこなわれるべきものです。特定の考え方や徳目を注入することは、現代的な意味での道徳教育とは相容れないものです。
 道徳を教科とすることで、特定の考え方の注入や「特定の考え方にどれだけ近づいたか」が評価対象になる危険性があります。こういう一方的に特定の考え方を注入するような道徳教育は、前近代的な発想です。

スポンサードリンク