全国学力テスト、2015年度も実施される

 全国学力テストが4月21日に実施された。

 このテストをめぐって、『毎日新聞』が興味深い記事を出している。「<学力テスト>活用法で迷走…内申利用、結果公表などで混乱」(毎日新聞2015年4月21日付)。

 記事によると、全国学力テストの成績を間接的ながらも高校入試評定の参考にするとした大阪府の問題や、知事の独断で市町別の平均正答率を公表して教育行政に混乱を招いた静岡県の問題が取り上げられている。

 大阪府では、2年次の府統一学力テスト「チャレンジテスト」での各学校間の成績評定(いわゆる内申点)補正に加え、全国学力テストの学校別平均点の結果で学校間の加点・減点をおこなう再補正をおこない、全国学力テスト平均点が高い学校では上位の「5」や「4」の成績を出す生徒の比率を増やすなどとした。一方で全国学力テストの平均点が振るわない学校では、上位成績を付けられる生徒の比率が少なくなることになる。

 このことで、大阪府内の中学校でテストの平均点を上げるための事前対策がおこなわれるようになったという事例が紹介されている。

 また静岡県では、知事の学力テスト成績公表問題への反対も一因として、県教育長が任期を残して辞任し、後継人事も県議会の同意が得られずに決まらない状態となっている。

 全国学力テストが、表向きの「学力状況の把握」の趣旨から外れ、テストの学校別・地域別平均点を過度に絶対視した上での競争や序列化が進んでいる実態が浮き彫りになっている。

スポンサードリンク