授業や生活指導に「統一基準」作る取り組みが各地で広がる:朝日新聞が紹介

 学校現場で授業方法や生活指導などの統一を図り、教育委員会や学校が「スタンダード(標準)」を示すような取り組みが、各地で広がっているという。

 朝日新聞2017年10月29日(ウェブ版)『授業・生活指導…「一律に」 学校現場で広がるスタンダード』が、各地の状況を紹介している。

 教育現場に「スタンダード(標準)」が広がっている。教育委員会が教員に授業方法を示す「授業スタンダード」から、学校が教員に指導の統一を求める「教員スタンダード」、教員が保護者に持ち物の基準などを伝える&

 記事によると、教員の授業の進め方や生活指導の要点について、指導の基準を細かく掲げ明文化した「スタンダード」を導入している例が、各地で増加している。

 また教育委員会レベルだけでなく各学校でも、教員向けの授業の進め方や、「筆箱の中身・鉛筆の濃さや本数」など児童生徒の持ち物の中身への指示などの、学校レベルでの統一基準を設けている例があるという。

 記事を読んで驚き、また同時に不安を感じた。

 記事では、授業や指導の参考になるという若手教員の声が紹介されている。その一方で、あまりにも過剰な「基準」「指示」を作成しそれを遂行することそのものが目的になってしまっては元も子もないと、不安を感じる。

 マニュアル一辺倒になって、目の前の児童生徒の実態に合わせた臨機応変な対応ができなくなるのではないか。

 形だけを押しつけることが至上命題になってしまいかねないのではないか。

 授業内容を過剰に縛ることは、教員の創意工夫の余地を失わせて指導を画一化・マニュアル化させるのではないか。

 児童生徒への生活指導を画一化させることは、形を変えた管理教育にもなるのではないか。

 マニュアル至上主義的な対応が主流になることで、行政からの教職員管理へとつながりかねないのではないか。

 ――このような疑問が湧く。これでは、学校教育としては別の問題が起きてしまうとも思われる。