京大大学院教授の批判に対し、橋下が大学総長に「質問状」準備へ

 京都大学大学院教授で内閣官房参与の藤井聡氏が「大阪都構想」を批判する見解を表明していることに対して、橋下徹大阪市長・大阪維新の会代表が猛反発し、京都大学総長宛に見解を問う質問状を準備していることがわかった。

 2月5日の市長定例記者会見で明らかにした。

 橋下氏は維新の党・大阪維新の会に藤井氏の発言動画の収集を指示し、大学側の回答の内容次第では、維新として国会質問でも取り上げることも検討するとしているという。

 しかしこれは、何重にも誤った恫喝である。

 学者として維新の会側の出した資料を分析して導いた見解に対して、なぜ大学総長に見解を問う必要があるのか。自分にとって意に沿わない教員を排除するよう大学側に求めるつもりなのか。それは学問の自由にも大学の自治にも反することである。北星学園大学問題と似たような恫喝の構図である。

 また橋下氏は、藤井氏からの批判の内容については正面から見解を述べず、藤井氏が批判の際に乱暴な言葉を使ったとして揚げ足を取っている。しかし橋下氏がこのような発言の「被害者」面して揚げ足を取るようなことほど、図々しいことはない。橋下氏ほど自分への批判者をガラの悪い言葉で口汚く罵っているような人物は、少なくとも政治家レベルでは見たことがない。「紫頭おばはん」「俺の前に出てこい」「クソ教育委員会」「若造議員」などなど、こんな発言を繰り返している人間がどの面を引っさげて「被害者」ヅラできるのか。

(参考)
◎橋下市長、京都大総長へ見解求める(デイリースポーツ 2015/2/5)