北星学園大学脅迫問題、「負けるな北星!の会」結成

 北星学園大学(北海道札幌市)が「従軍慰安婦」報道をめぐり脅迫を受けている問題で、全国の大学教員・研究者・文化人・弁護士などが「負けるな北星!の会」を結成し、10月6日に札幌市と東京都で相次いで記者会見をおこなった。

 北星学園大学では、現役記者時代に「従軍慰安婦」の報道に関わった元朝日新聞記者が同大学の教員として勤務しているという。そのことを理由に、大学に対して手紙・メールや電話などでこの教員の解雇を執拗に要求する事例が相次いだ。また学外の政治団体とみられる集団が、この教員の辞職・解雇を求めてビラまきなどの宣伝をしていたことも確認されているという。解雇要求の中には、辞職させないと学生に危害を加えることをほのめかす内容まで含まれていた。また当該教員や家族についても「自殺するまで追い込む」などと言及していたという。

 今回の問題は「従軍慰安婦」報道の内容の適否以前の話で、自分の意に沿わない相手を暴力的に抹殺しようとするものである。大学自治の観点から見てもふさわしくないのは当然だが、社会的にも犯罪に相当する脅迫行為であり、民主主義へのテロと言っても過言ではないものである。

 今回の問題は、思想信条の自由・学問の自由・大学の自治はもちろん、民主主義社会を守るかどうかが問われているといえる。「会」の取り組みには全面的に賛同し敬意を示すとともに、大学が脅迫に屈することのない形で、早く解決してほしい。