保育園の子どもの声がうるさいとして斧で脅した男を逮捕:東京

 自宅近くの保育園の子どもの声がうるさいとして、園児の保護者を脅したとして、警視庁が10月3日までに、東京都国分寺市本多の佐藤毅(43)を暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕していたことがわかった。

 9月30日午後5時過ぎ、保育園近くの路上で、園児の保護者の男性に近づいてにらみつけ、自宅から持ちだした手斧を地面に振り下ろすなどして威嚇したという。

 幼稚園や保育所については、近年「騒音」として周辺住民が新設反対運動をおこなう事例なども目立っている。また神戸市では、近隣住民が騒音を理由に保育所を提訴する事態も起きている。

 子どもの声が騒音という主張は、場合によっては子育て環境にも悪影響を与えかねないので、疑問に感じる。もっとも今回の事例はそれ以前の話で、手斧で威嚇するなど全く論外の暴力行為であり、厳しく処罰されなければならない。保護者にとっても強いトラウマになるであろうできごとではあるが、この時に子どもも一緒だったのかもしれないと考えると、余計に恐ろしい。

(参考)
◎園児の声うるさいと脅す=保護者に手おの、43歳男逮捕-警視庁(時事通信 2014/10/3)