2014年学力テスト成績公表、不毛な騒ぎが再び

 文部科学省は8月25日、2014年度全国学力テストの全国平均点・及び都道府県別平均点を公表した。

 マスコミ報道では相変わらず、自分の県の順位は何位なのか、全国平均と比較してどうかなど、きわめて一面的な切り口に終始してうんざりする。平均点や順位のみを絶対視する扱いは、全国学力テスト導入以降、毎年繰り返されている。

 もともと全国学力テストの導入の構想自体、学校間・地域間の競争と序列化を図る目的があった。世論の広がりで文科省も表向きは露骨なことを言えなくなり、平均点公表は県単位までなどと言わざるを得なくなった。その後も競争と序列化を求める勢力の巻き返しもあり、一度抽出調査になったものが再び全員調査になったり、市町村・学校別平均点公表も可能なようにされた。

 学力の概念は、一度のテストの結果が全てではない。しかし一度数値が出されると、平均点や順位の数値がひとり歩きする。そしてひとり歩きした数値が勝手に学校や校区地域の「格」にすり替えられていく。これこそが競争と序列化そのものではないか。

 都道府県別の成績公表段階でも平均点や順位だけに一面的にこだわる傾向が見られるのに、市町村・学校単位まで公表するとどうなるのか、恐ろしい。