福岡いじめ自殺事件に見舞金給付

 福岡県筑前町立三輪中学校のいじめ自殺事件で、独立行政法人日本スポーツ振興センターが遺族に対して見舞金を給付する方針を決め、このほど遺族にその旨通知したということです。


 この問題では、自殺場所が学校外だったことから当初は見舞金不支給の方針が決められていましたが、「いじめは学校で発生したにもかかわらず、自殺場所が学校の管理外だったことを理由にして不支給にする」という制度上の不備が明らかになり、その後文部科学省は「学校でのいじめや『体罰』に起因する自殺には自殺場所に関わりなく支給する」という改善策をとりました。
 お金の問題ではありませんが、支給が決まったことは一歩前進だといえます。また同時に、同様のいじめ事件を全国的にも未然に防ぐ施策をとっていくことや、学校や地域・教育委員会ぐるみで守られているいじめ加害生徒およびいじめ加担教師・田村伸一への厳しい責任追及、またいじめ事件の背景にある人権侵害集団・部落解放同盟(解同)の息のかかった「解放教育」(=差別煽動・人権侵害煽動教育)の教育現場からの追放など、多くの課題が残されています。