学習塾問題集:著作権者の作家らが無断掲載として提訴

 「学習塾発行の問題集に作品を無断掲載された」などとして、作家らが6月21日、問題集の発行元に対して出版差し止めなどを求める訴訟を東京地裁に提訴しました。〔『asahi.com』2007/6/21

 著作権法の上では、学校の教材等については、一定の条件の範囲内で外部の作品等の使用が許容されています。しかし学習塾の教材や市販問題集などについてはそういった規定の適用が難しいと解釈されています。
 教科書や入試問題については著作権者への通知で使用できるということですが、この問題では「問題集なので教科書などとは同等に扱えない」「そもそも許諾どころか通知すらない」という問題があるようです。
 著作権者の権利を全面的に守ることは当然のことながら重要です。前向きな解決策が望まれます。

スポンサードリンク