京大図書館での理解不能な出来事

 京都大学の付属図書館内の視聴覚施設で2006年1月、男子学生がわいせつなDVDを持ち込んで鑑賞していたとして、大学側はその学生を施設から退去させ、後日「他人の迷惑になる資料の視聴を禁止する」という趣旨の張り紙をしたということです。〔『毎日新聞』2006/2/16〕〔『京都新聞』2006/2/16

 大学で――というより、公共の場で公然とそんなものを鑑賞するという、考えられないような事件が実際に起こったことには驚くしかないですが、何ともレベルの低い話です。