「全国学校事故・事件を語る会」のシンポジウム

 いじめ自殺事件や学校での事故など、学校に関する事件・事故で命を落とした児童・生徒の遺族らでつくる「全国学校事故・事件を語る会」が、6月3日に神戸市長田区でシンポジウムを開催しました。

 シンポジウムでは、いじめ自殺事件の遺族らが発言したということです。「事実関係を知る仕組みを作ってほしい」「加害者側に立った学校・地域関係者からの、事件のもみ消しや被害者への二次攻撃がある」ということなどが発言されたということです。
 学校事件・事故で被害にあった被害者や遺族らに対して、多くの場合、学校側は事実を十分に明らかにしようとはしません。むしろ事件の責任を「ややこしい被害者・遺族や、それとつるんだマスコミが変な騒ぎ方をしている」かのようにすり替え、被害者に二次被害を与えるという最悪のケースに陥るという例も多くあります。
 福岡県筑前町立三輪中学校事件では、校長が「マスコミで報じられている三輪中学校ではないことを知っているのは我々だ」と全校集会で発言するなどあたかも「いじめ自殺事件を批判するものが悪い」という印象操作を与えたり、PTAが取材拒否カードを作成して生徒に配付するなど、学校・地域ぐるみでいじめ隠蔽がおこなわれたのは記憶に新しいところです。
 またほかの学校がらみの事件でも、福岡市立小学校の人種差別的児童いじめ教師・林田真二が、いじめ・暴力行為は事実にもかかわらず自己正当化を行い、「学校関係の事件はすべて『バカガキとバカ親』が悪いことにすればいい。教師は児童・生徒を殴り殺そうが瀕死の重傷を負わせようが絶対的に正しい」という狂信的な手合いに訴える目的で、また「林田の件を大々的に報道したのがライバル誌の週刊文春だったから、文春に対抗する」という週刊新潮および新潮社の思惑も加わり、福田某なるライターと結託して林田の主張を鵜呑みにして「被害者がでっち上げをおこなった」というそれこそでっち上げの書籍を出版し、被害者に大々的にマスコミ被害を与えたというケースもありました(著者の福田某なる者の名義でその後新潮社のサイトに「被害者が控訴を取り下げた」と称してさらに被害者攻撃を加える文が掲載されましたが、そもそも福田某の主張以外にまともなソースがなく本当に取り下げたのかは不明という問題を置いても、福田某のシナリオだけに沿っても福田某の主張は矛盾だらけでつっこみどころ満載です。読む人が読めば林田の暴力行為は事実であること、また「被害者親子のでっちあげ」というでっち上げをおこない、うその上にうそを積み重ねて自らの言動について矛盾だらけに陥っているのは林田やその尻馬に乗った連中ということを、福田某の文章自身が証明していることが浮かび上がります)。
 ほかにも、長野県丸子実業高校(現在は長野県丸子修学館高校に校名変更)バレーボール部でのいじめ自殺事件では、「母親がいじめをでっちあげた」かのような事実無根の中傷が地域ぐるみで流されています。
 当サイトにも「真実を話す」と称して(学校がらみの事件で「真実」と自称して加害者擁護や被害者攻撃をおこなう者は間違いなく「うそつき」というのが、当サイトの経験則ですが)「生徒が自殺したのは母親のせい。いじめは母親のでっちあげで金目当て」などとする(実際の中傷は家庭環境などもっと細部に言及する内容が書かれていましたが、当サイト上では書けません)中傷メールが寄せられたことがあります。
 丸子実業事件ではバレーボール部顧問・宮坂俊樹が首謀者となり、逆切れでたらめ逆訴訟で母親を訴えるという前代未聞のふざけた行為まで発生しています。
 このほかにも、いじめ事件(児童・生徒間のいじめ事件、教師による児童・生徒いじめ事件の両方を含む)、教師による児童・生徒への暴力事件(いわゆる「体罰」事件)、部活動中の熱中症などの学校事故などで、事実隠蔽や被害者攻撃の例は多くあります。
 また行政の調査機関も学校・行政寄りで中立な調査機関とはいえず、事実関係の調査は全く不十分なものに終わっている例が多くあります。
 学校事件・事故について同様の事件の再発防止を狙うためには、事実関係を徹底的に明らかにして事件を教訓化していくしかありません。そのことは同時に、事実を知りたいという被害者や遺族の思いにも一致します。また調査機関については、完全に中立的立場で調査をおこなう体制を構築しなければなりません。

スポンサードリンク