児童生徒への暴力などで3人処分:北九州市

 北九州市教育委員会は12月16日、児童生徒への暴力(いわゆる「体罰」)などで教職員3人を減給処分にした。

 小倉北区の中学校の男性講師(25)は2013年9月は体育の授業中、「危険なサーブを繰り返した」として2年男子生徒の顔面をたたいて鼓膜損傷のケガを負わせて減給3ヶ月の懲戒処分を受けた。この講師は前年度にも「体罰」で文書訓告処分を受けたという。
 八幡東区の中学校の男性教諭(41)は2013年9月、顧問を務めるバレーボール部で、動きが悪いとして2年の女性性とを十数回平手打ちしたとして減給1ヶ月の懲戒処分。
 また男性教諭(58)は2012年1月、当時勤務していた八幡西区の小学校で、自分の指導に苦情を申し入れた保護者のことを逆恨みし、この保護者をクラスの児童の前で中傷するなどしたとして減給1ヶ月の懲戒処分にした。
 いずれも極めて悪質な事案である。小倉北区の中学校講師は「体罰」・暴力の常習性が疑われる。また部活指導と称して暴行を加えるのも論理的ではない。自分の指導への苦情を逆恨みし、児童の前で保護者を中傷したということは、言い換えると「特定の児童の保護者を名指しし、同級生の前で悪口を言いふらした」ということであり、教師が「当該児童をいじめてもいい」という誤ったメッセージを発したのに等しいものである。
 これらの行為はもっと厳しく処分されなければならない。
 北九州市では10年前の2003年秋、当時市立緑丘中学校で卓球部顧問をつとめていた林壮一郎という教師が、卓球部の指導と称して生徒に悪質な暴力や暴言を繰り返し、複数の生徒を自律神経失調症や不登校に追い込んだとして懲戒免職になった。
 しかし林は処分を不服とし、卓球指導者仲間の支援のもとで復職を求める運動をおこなった。これについては、卓球指導者仲間の組織的関与をほのめかすような痕跡も多数発見できた。この他にも未確認情報だが、ある宗教団体の関係者も組織的に復職支援運動に関与していたらしいという情報もある。関係があるのか不明だが、この宗教団体と関係をもつ政党の議員が、林を擁護するような不可解な議会質問をおこなったという議事録も見つけることができた。
 北九州市は復職運動をそのまま認める形で、「暴力の事実はあったが懲戒免職にするほど重くない」という奇妙な理屈を編み出し、停職6ヶ月に修正の上で2005年4月よりまるで何事もなかったかのように復帰させた。林は復職後、中央中学校・菅生中学校・吉田中学校と歴任していることが確認されたが、林はそれ以降も、生徒に対して公然と暴力を繰り返しているという告発情報も、当サイトに寄せられている。
 こういう問題もあって、いわゆる「体罰」やそれに類する行為、また教師によるいじめ行為などについての対応が甘くなっているのではないかと、非常に気になる。
(参考)
◎講師ら3人を減給 北九州市教委 体罰加えけが、保護者を中傷 [福岡県](西日本新聞 2013/12/17)

スポンサードリンク