市立幼稚園保育料2.7倍に値上げ意向:大阪市長

 橋下徹大阪市長は9月19日、市立幼稚園の保育料について、2015年度にも私立保育園と同水準の約2.7倍に値上げしたいとする意向を表明した。


 大阪市立幼稚園の保育料は年間10万9200円、大阪市内の私立保育園136園の保育料平均は平均28万9901円となっている。市立幼稚園の保育料を私立並みに引き上げるとしている。
 橋下市長は全市立幼稚園の民営化を打ち出しているが、市会や市民の反発が大きく、民営化を提案した園は現時点では一部にとどまっている。
 橋下市長は値上げの理由について、「(民営化に反対する)保護者から言われているのは、私立は保育料が高いと。市立も私立とだいたい同金額になるように上げる。そのことも踏まえて、市立を残していかないといけないのか考えてもらいたい」と言ったという。
 まず民営化ありきででたらめな屁理屈をがなりたてている、住民の意見に耳を傾ける気は全くないのかと、極めて不快に感じる言い分である。
(参考)
◎市立幼稚園の保育料、私立並みに値上げへ 橋下市長意向(朝日新聞 2013/9/19)