浜松日体高校顧問暴力行為とされる告発動画

 静岡県の私立浜松日体高校男子バレーボール部顧問の暴力行為とされる告発動画が、ネット上にアップされている。


 9月16日頃に「浜松日体高校男子バレー部の体罰の様子です。この体罰のせいで知り合いの子が心に大きな傷を負っています。また、この動画の時だけでなく頻繁に体罰が行われているようです。」とするコメントとともにインターネットの動画サイトにアップされ、ネット上で拡散されて暴力行為への批判を呼んでいるという。
 動画では、体育館のような場所で、他の生徒がいる前で、指導者らしき人物が一方的に怒鳴り声を上げながら、高校生とみられる生徒を複数回平手打ちしていた場面が確認できた。また映像は不鮮明なものの、何者かが体育館の舞台の片隅で、バットのようなもので人を殴っているようにみえる別の動画もアップされていた。
 動画に映っていた生徒のシャツに「日体魂」の文字がはっきりと確認されたことから、少なくとも日体大やその関係校でのできごとであると思われる。
 ネットで動画を閲覧した人が、学校に確認の電話を入れたところ、祝日のためかつながらなかったという。
 具体的な学校名はともかく、悪質な暴力行為であることは言うまでもない。きちんと調査の上、加害者にはしかるべき処分をおこなうべきであろう。また、逆恨みでの告発者への攻撃は、あってはならない。