実教出版教科書採択した学校の校長を議会呼び出し:埼玉

 埼玉県議会文教委員会は9月13日、埼玉県立高校8校で実教出版の日本史教科書を採択したことについて閉会中審査をおこなった。


 閉会中審査では、採択した当該校の校長を呼び出して、採択の過程を問いただすなどした。いずれの校長も「問題ない」とし、県教委も「採択やり直しは考えていない」とした。
 同委員会は自民党や「刷新の会」などの会派の賛成で、教科書採択のやり直しを求める動議を採択した。民主党系は反対し、公明党は校長を出席させて問いただすことを批判して委員会から退席した。共産党は文教委員会に委員がいないが、「議会が教科書の内容にまで踏み込んで介入することはあってはならない」として議長に申し入れをおこなった。
 実教出版の日本史教科書は、日の丸・君が代について「一部の自治体で強制の動きがある」という注釈が付いている。しかし一部右派がこの記述を敵視し、全国的に採択妨害策動を繰り返している。
 埼玉県では採択前、右派県議が県教委に圧力をかけ、採択させないように申し入れた。埼玉県教委は「この教科書を採択した学校には指導資料を作って送付する」と異例の条件をつけながらも採択を認めた。
 しかし埼玉県議会文教委員会はこれを問題視し、閉会中審査を開催した。気に入らない教科書だからといって、校長を議会に呼び出してあれこれと問いただすのは、学校の自主性を無視した政治的圧力にほかならない。あからさまな政治的介入であると言わざるをえない。
(参考)
◎「日の丸・君が代」強制記述教科書問題 校長よび「介入」質問 埼玉県議会委(しんぶん赤旗 2013/9/14)
◎県会文教委、再審査の動議可決 日本史教科書採択で(埼玉新聞 2013/9/14)