『はだしのゲン』閉架措置撤回へ

 学校図書室所蔵の『はだしのゲン』について、島根県松江市教育委員会が各学校に閉架措置を指示していた問題で、松江市教委8月26日の教育委員会会議で、「当時の手続きに不備があった」などとしてこの措置を撤回することを決めた。

 この問題は、在特会に関係する人物が2012年夏、歴史認識を問題として『はだしのゲン』を学校図書室から撤去するよう求める陳情を松江市議会におこなったことが発端となった。陳情は不採択になったものの、教育委員会は当時の教育長(2013年夏時点では退任)や事務局が独自に動き、「描写に残酷なものがある」などとして各学校に閉架措置を指示した。
 「残酷」とされた描写は、戦時中の日本軍の蛮行を告発する描写である。市教委事務局は「歴史認識とは無関係」と釈明したものの、ことの性質上一体にならざるをえないものである。
 この問題が報道されると、各方面から批判が起きた。この問題は、戦争被害の告発や平和学習という問題はもちろん、図書館の自由に関わる問題もある。戦争被害や日本軍の蛮行を否定する極右にとっては、こういうことは極めて都合が悪いことになるし、自らの主張のためには図書館に圧力をかけて意に沿わない書籍を排除することも意に介していないということになる。
 さらに、教育委員会の会議に図らずに、教育長と事務局が独断で事務を進めていたことも指摘された。
 今回の措置撤回は妥当だといえる。今後こういうことが起こらないように、引き続き取り組みをすすめていかなければならない。
(参考)
◎閲覧制限を撤回へ=「はだしのゲン」で松江市教委(時事通信 2013/8/26)
◎「はだしのゲン」閲覧制限、松江市教委が撤回(朝日新聞 2013/8/26)