実教出版教科書採択問題:埼玉県議会一部議員が圧力

 埼玉県議会の「教科書を考える議員連盟」は8月12日、埼玉県教委に対し、8月22日に予定されている2014年度県立高校教科書採択の際、実教出版の日本史教科書を採択しないよう求める要望をおこなった。この教科書は、日の丸・君が代について「一部の自治体に強制の動きがある」と事実が記されていることで一部右派からの反発があり、また東京都や神奈川県では教育委員会が学校に圧力をかけて採択をとりやめさせる事例も報告されている。

 要望書では、教科書について「学習指導要領に基づき国旗掲揚、国歌斉唱を県教委が指導することは当然。『強制』ではなく『義務』」「学習指導要領、県教委の立場と反する」などと攻撃をおこなっている。
 しかしこの攻撃については、全くの見当違いのことである。「指導は当然」の実態が「強制」であることから、教科書の記述は事実だということになる。国旗国歌法でも「強制は望ましくない」という政府見解が出されている。強制することこそ、政府見解と齟齬をきたすのではないか。
 埼玉県では、2014年度実教出版教科書の採択を検討している県立高校が、少なくとも10校あるとされている。外部からの圧力に左右されることなく、教師が使用・指導にふさわしいと判断した教科書を採択すべきである。
(参考)
◎高校日本史で実教出版不採択を要望 教科書議連、県教委に(埼玉新聞 2013/8/13)