埼玉県立高校:実教出版教科書採択希望状況

 日の丸・君が代について「一部の自治体で公務員への強制の動きがある」という記述が一部教育委員会から敵視されて、教育委員会が採択妨害する動きが現れている実教出版高校日本史教科書について、埼玉県立高校10校が2014年度から使用希望の意向を表明していることが、産経新聞の集計で分かった。


 この教科書を敵視する動きと呼応している産経新聞のソースなので、記事の書き方は敵視の側に立っているので、読むときは注意しなければならない。
 埼玉県立高校の教科書は8月22日の教育委員会定例会で採択される見通しとなっている。
 実教出版の日本史教科書をめぐっては、東京都や神奈川県で教育委員会からの圧力・介入があり、一度採択意向を表明した学校でも変更を余儀なくされている。教育委員会から校長に対し、「採択する場合は学校名を公表する。その場合、右翼団体など外部団体の妨害・嫌がらせが予想される」という脅しもあったことが指摘されている。また大阪府でも同様の動きが報告されている。
 他県で起きたようなことを繰り返してはならない。教育の自主性などの観点から、学校の希望通りに採択されることを願いたい。
(参考)
◎国歌「強制」記載の教科書 埼玉で10校希望(産経新聞 2013/8/7)