15歳未満の推計人口は約1649万人

 こどもの日を前に、総務省は5月4日、15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は約1649万人で、前年比15万人減となったことを発表した。


 総人口に占める子どもの割合は12.9%で、前年の13.0%より0.1ポイント減少した。年齢別に見ると、年齢が低いほど子どもの人口数・総人口に占める割合ともにが減っている形になっている。
 子どもの数は1982年から32年連続で減少している。また人口に占める子どもの割合は1975年以来39年連続で減少している。
 少子高齢化の傾向が進んでいることが読みとれる。子どもが育ちやすい、子どもを育てやすい環境作りというのは、いろいろな角度から考えていかなければならない。
(参考)
我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- (「人口推計」から)(総務省 2013/5/4)