大学生向け給付制奨学金制度創設を検討

 文部科学省が大学生向けに、返還義務のない給付制奨学金の導入を検討していることがわかった。


 高校生向け給付制奨学金については制度設計の準備作業に入っているが、対象を大学生へと広げる形で制度設計をおこなう構想だという。
 現在の貸与制奨学金制度では、就職難や不安定雇用を反映して、卒業後に返済に行き詰まる例が多発して社会問題となっている。経済面での心配がなく学べる権利を確保するための手段の一つとして、奨学金制度の抜本的な充実が期待される。できるだけ早期に給付制奨学金制度が実現することを願う。
(参考)
◎給付型奨学金:大学生も 返済義務なし、対象拡大――文科省(毎日新聞 2013/4/23)