教科書採択「違法」として文科省が指導へ

 沖縄県八重山地域3自治体で構成される教科書採択協議会で、中学校公民教科書について「つくる会」支持の教科書採択委員が手続き上問題のある手法で育鵬社版を採択答申したものの、竹富町教育委員会が東京書籍版の採択を決めて配布している問題で、文部科学省は竹富町教委を「違法」として指導に乗り出す方針を決めた、


 近く義家弘介政務官を派遣する方針だという。
 この問題では、育鵬社版の中学校公民教科書の内容そのものも問題だし、地区の協議会で育鵬社版を答申した過程にも問題があることが指摘されている。
 果たして、問題なのはどっちなのだろうか。