大阪市学校選択制:市教委が具体的内容に踏み込む

 大阪市教育委員会は10月19日の定例会議で、橋下徹市長が導入を目指す学校選択制について、保護者が複数校の希望を出せる制度を採用する方針を決めた。

 学校選択制を導入している自治体では、希望先は特定の1校に限られるのが通例で、複数校の希望を出せる制度は例がないという。
 しかしそもそも、学校選択制の導入自体、正式に決まったものではない。むしろ大阪市での学校選択制については、反対意見や慎重論が多く寄せられ、有識者や市民代表らで作る検討会議でも慎重論に重点を置いた報告書を出している。一方で橋下徹大阪市長は、自分に都合が悪いことは一切無視し、あくまでも導入に固執している。
 教育委員会の会議では、学校選択制導入の前提で話が進んでいる印象を受ける。自分たちにとって都合のいいような既成事実を強引に積み重ねるような手法は、正常ではない。

スポンサードリンク