一歩前進、しかし今後の真摯な取り組みが求められる

 岐阜県瑞浪市立瑞浪中学校のいじめ自殺事件で、学校側はいじめを全面的に認めて謝罪したということです。


 この問題でも学校側の態度は二転三転していました。校長が遺族との話し合いについて「誘導尋問のようだった」と発言したことなど、抜き差しならない局面もありました。「誘導尋問」発言には、この手の学校事件・事故になるとわき出てくる被害者たたきの連中が、校長発言を口実に「遺族はややこしい人」というデマをでっち上げて、自殺した生徒と遺族を中傷するのではないか…、という不安すら感じていました。
 この間の展開で、「学校・地域ぐるみでの生徒や遺族への攻撃・加害者擁護をしている」といっても差し支えのない、どうしようもない泥沼の状況に陥った、福岡県筑前町立三輪中学校いじめ自殺事件の二の舞いになるのではと心配していました。しかしそういう最悪の事態は現時点ではひとまず避けられ、学校側がいじめを全面的に認めたことは一歩前進です。
 また学校側に加えて、遺書に名指しされた加害者の両親もいじめを認めて遺族に謝罪したということです。
 一方で、謝罪は今後の取り組みの第一歩にしかすぎません。いじめの事実関係を徹底的に究明し、二度といじめ事件を発生させないための教訓を引き出していくことが強く求められます。