いじめ告発の手紙

 福岡県筑前町立三輪中学校のいじめ自殺事件に関して、自殺した生徒の友人から、生徒へのいじめがあったことを訴える手紙が両親のところに届いていたそうです。
 実態調査のため現地入りした小渕優子文部科学政務官・山谷えり子首相補佐官・義家弘介「教育再生会議」委員に対して、遺族が10月25日に手紙の内容を明かしたということです。


 友人の手紙は、「いじめを知らせられなかったことを後悔している」などと苦しい胸の内を明かした上で、「自殺した生徒へのいじめはあった。学校は真実を話してほしい」と強く訴えている内容だということです。
 学校や地域がいじめもみ消しに動いているもと、心境を告白した友人は勇気がいったことでしょう。
 また今後、この友人への学校・地域ぐるみのいじめ・嫌がらせも予想されますが、日本全国の良識ある人々がこの友人を応援しています。この友人には、亡くなった彼のためにも知っていることを話して、また彼の分までもしっかり生きてほしい、心からそう願います。また、手紙を書いた友人に対する、いじめ・嫌がらせの類は、決して許してはなりません。
 いじめ問題は決して個人的な問題ではありません。日本の教育全体にかかわる問題です。今回のような悲劇を、再び繰り返させてはいけません。
 このいじめ事件に関する事実関係を徹底的に明らかにすること、学校や地域のもみ消し工作を許さないこと、良心的な生徒・保護者や地域住民が真実を話しやすい雰囲気を作ること、何よりも今後このような事件が再び起こらないようにしていくこと――政府としてもできる対策は可能な限りとっていかなければなりません。