いじめ動画がネット上に:兵庫・赤穂

 兵庫県赤穂市立中学校3年の男子生徒が小学校6年の児童に暴行を加えている映像がyoutube上にアップされたことがわかった。

 映像が発見され、ネット上で問題になっていた。関西弁のアクセントで「ははは、まだ10秒やぞ」「こらおもれえ動画になりそうや」「顔面やんなよ」「はい1分!」 などの声が入っていた。校名入りのジャージを着ていた生徒が動画に写り込んでいたことで学校名が特定されたという。
 学校側の事情聴取に対して、関わった生徒は7月8日に赤穂市内の公園で動画を撮影したことを認め、「ゲームのつもりだった」などと話した。しかし体格差があることや一方的に暴行を加えたことなどから、学校側はいじめと判断した。
 警察は別の暴行事件で、この動画に関わった中学生を逮捕し、児童暴行についても調べるという。
 しかしいじめや暴力も平気、動画も残してyoutubeにアップする、いじめに対する意識が歪んでしまっていることが読み取れる。残念なことであり、今後こういうことが起きないように手立てを考えていく必要がある。

スポンサードリンク